「高周波技術センスアップ101」正誤表

本書に以下の誤りがありました.
内容を訂正し,深くお詫び申し上げます.
--2006年1月1日 第3版以前の訂正(版によっては訂正済みの箇所もあります) --

2005年12月7日現在

page

誤・変更前

正・変更後

P26
2行目
数字の“1” 電流の“i”
P28
式(1-11)
(500-j200)x(7-j6) 500 x(7-j6)
P28
式(1-11)
(3500-j2800)/85
さらに重複記載
(3500-j3000)/85
P29
式(1-12)
(0.004+0.01)+(-0.008+0.02) (0.004+0.01)+j(-0.008 +0.02)
P35
図1-19
D1
1SS355 1SS356
P63
図2-18
X軸タイトル
反射係数 Γ 定在波比 S
P135
下の2行
|S12e|<<1,|S21e|>>1
が成り立っています
P136の一番後ろへ移動
P138
最下段の式
P139
4行目の式
P207
8行目
-67dBm -68dBm
P207
10行目
-57dB -58dB(-68dBm)
P270
表10-6
定数の計算列
2πfo
6ヶ所
(2πfo)^2
6ヶ所
P286
図11-9(b)
抵抗を挿入する位置
AMPの出力とR1,C0,CL2との間


「高周波技術センスアップ101」のページへ戻る

CQ出版社のトップページへ戻る


Copyright 1997-2017 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp