「ARM組み込みソフトウェア入門」正誤表

本書に以下の誤りがありました.
内容を訂正し,深くお詫び申し上げます.
--2007年8月15日 初版の訂正--

2009年10月7日現在

page

誤・変更前

正・変更後

p.3
 35行目
Elsevier社のWebサイト Elsevier社のWebサイトのURL
p.49 2行目
 表3.2 シフトの項
(後) post r5 = 5
xLSL y
xLSR y
xASR y
xROR y
xRRX
(後) r5 = 5
x LSL y
x LSR y
x ASR y
x ROR y
x RRX
p.50 3.1.3
 表中 SBCの項
Rd = Rn ? N−!(carry flag) Rd = Rn−N−!(carry flag)
p.50 3.1.3
 14行目
(後) post r0 = 0x00000001 (後) r0 = 0x00000001
p.51
 1行目
は符号を反転した数にも使用できます. は符号の反転にも使用できます.
p.51
 5行目
(後) post r0 = −r1 = 0xffffff89 (後) r0 = −r1 = 0xffffff89
p.57
 30行目
r1 = 0x00090000 r1 = 0x00009000
p.106
 表5.3
ATPICSにおけるレジスタの用途 ATPCSにおけるレジスタの用途
p.246
 5行目
STMFD sp!, {r4−r5, r9−r10, lr}mov acc, #0 STMFD sp!, {r4−r5, r9−r10, lr}
p.295
 表9.5
cpsr値
Pre
code

Post
禁止する割り込みの種類
割り込み禁止前のcpsr値
割り込みを禁止するためのコード
割り込み禁止後のcpsr値
p.296
 表9.6
項目の欄の一番左のマス
cpsr   IRQ   FIQ
項目の欄の一番右のマス
Pre
code

Post
禁止する割り込みの種類
IRQ
FIQ
割り込み禁止前のcpsr値
割り込みを禁止するためのコード
割り込み禁止後のcpsr値
p.328
 29行目
LDMFD r13!, {r0−r3,r12,pc}? LDMFD r13!, {r0−r3,r12,pc}^


「ARM組み込みソフトウェア入門」のページへ戻る

CQ出版社のトップページへ戻る


Copyright 1997-2017 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp