書籍案内 CQ HomeCQ出版社のトップページへ戻る
雑誌&書籍案内のページへ戻る

it.backoffice(Back Office Magazine 1999年11月号増刊)

10日でできる
SBS4.5による情報システム構築

BackOffice Small Business Server 4.5の導入と運用

平岡 太一 著
A4変型判 152ページ
定価1,851円(税込)

1999年11月1日発行

[絶版2001.4.30] 10日でできるSBS4.5による情報システム構築 新刊案内をメールで購読
(CQ出版Web会員サービスで購読)

buynow

大変恐縮ですが,こちらの商品は品切れ絶版となりました.


 中小規模の会社にシステム導入・運用をするにあたって必要となる知識や考慮すべきポイント,そしてシステムの仕組みを,(株)地球屋という仮想企業の物語を土台とし,10日間で学ぶ形式で解説した本です.
 使用するシステムは,マイクロソフト社の中小規模企業向け統合パッケージ,BackOffice Small Business Server 4.5(1999年9月10日に発売された最新版.以下SBSと略す)です.SBSは,ネットワークOSからメールサーバー,Webサーバー,データベースシステムなど企業のITシステムを運用するのに十分なインフラがすべて含まれているパッケージです.ただ,すべてをサーバー機1台にインストールするという制約と,中小規模向けに価格を抑えてある分,機能にいくらかの制約はあります.また,ユーザー数も50人までしか想定されていません.
 SBSはインストールなども簡単に行えるようになっていますが,逆に「表向き」簡単な反面,トラブルが発生したときに「使っていたが中身はまったくわからない」という企業が出てくる可能性は高くなります.また,よりよい運用管理のためには,内容を理解しておいたほうがよいのは自明です.この本では,「今までシステム管理などやったことがないのに,突然任命された」にわか管理者や「今までも管理はしていたけれども,その仕組みは知らなかった」管理者にも役立つ内容を目指しました.
 BackOffice製品の入門書としても使えます.


目次

prologue

導入x日前:システム設計と諸々の準備

導入1日目:SBSがやってきた

導入2日目:共有サービスとユーザー登録

導入3日目:クライアントPCの設定

導入4日目:インターネットに接続しよう

導入5日目:Proxy Serverを理解する

導入6日目:インターネットメールを出そう

導入7日目:Exchange Serverによる社内掲示板システム

導入8日目:イントラネットのIISを理解する

導入9日目:データベースシステム,SQL Serverに挑戦

導入10日目:さらなる活用のヒント

epilogue



Copyright 1997-2019 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp