書籍案内 CQ HomeCQ出版社のトップページへ戻る
雑誌&書籍案内のページへ戻る

Industrial Computing Series 【シリーズ一覧へ】

動画・音声コンテンツ 伝送技術のすべて

マルチメディア・ストリーミング技術

笠野 英松 著
B5変型判 296ページ
定価3,456円(税込)
JAN9784789840897

2011年12月15日発行

好評発売中!

マルチメディア・ストリーミング技術 新刊案内をメールで購読
(CQ出版Web会員サービスで購読)

buynow

CQWebShopで購入
amazonで購入

■立ち読み(3.10MB) 
■見本PDF(1838K) 


 マルチメディア・ネットワーク・システムは,インターネット上のテレビやラジオなどの視聴サービス,ブログやTwitterといったソーシャル・コミュニケーションなどで利用されています.これを支える技術の一つであるRTSP/RTPストリーミングは,MRCPというリソースを制御する仕組みを併用する動きや,プログレッシブ・ダウンロード方式をより細分化して,かつHTTPを活用する動きが再注目されています.
 本書は,ストリーミングの実装を中心として,マルチメディア・ネットワークの基礎理論,伝送インフラやMPEGなどの技術標準,規格はもちろん,産業動向まで把握できます.特にストリーミングについては,コンテンツをどのようにサーバから配信しクライアントで再生させるかまでの仕組みを,サーバの実装,そして構築や運用,分析・検証までを解説しています.ネットワーク技術やコンテンツ産業に携わるエンジニア必携の一冊です.

■ サポートページ

目次

第1章 基礎理論
 1.1 マルチメディア伝送再生方式
 1.2 符号化処理技術
 1.3 マルチメディア・ネットワーク

第2章 マルチメディア伝送基盤の技術標準
 2.1 光ファイバ網
 2.2 無線
 2.3 多重化と多元化
 2.4 バックボーン技術(WDM/DWDM)
 2.5 有線LAN/MAN-IEEE802.3規格
 2.6 無線ネットワーク
 2.7 無線MAN(WAN)――IEEE802.16
 2.8 モバイル広帯域無線アクセス(IEEE802.20)
 2.9 マルチメディア伝送プロトコル

第3章 マルチメディア標準規格
 3.1 マルチメディア標準規格と符号化技術の概要
 3.2 静止画像圧縮符号化
 3.3 動画像圧縮符号化
 3.4 通信処理
 3.5 ハイパー処理
 3.6 ストリーミング
 3.7 映像信号フォーマット
 3.8 そのほかの符号化

第4章 マルチメディア・ネットワーク・システムの利用と運用
 4.1 コンテンツの作成
 4.2 ストリーミング・サーバ
 4.3 クライアント側で対応するメディア
 4.4 擬似ストリーミング
 コラム Windows Media Playerでのユーザ名/パスワード入力のリフレッシュ方法

第5章 マルチメディア・ネットワーク・システムの実装
 5.1 ストリーミングの手順
 5.2 ストリーミング・サーバ
 5.3 ストリーミングの実装
 5.4 Windowsクライアント・ストリーミング・プログラミング
 5.5 そのほかの実装

第6章 モバイル・クライアントやストリーミング関連の実装
 6.1 BREWクライアント・ストリーミング・プログラム
 6.2 Androidクライアント・ストリーミング・プログラム
 6.3 システム負荷分散制御
 6.4 近似ストリーミング
 6.5 そのほかの実装

第7章 モニタ分析
 7.1 分析用中継システムの作成
 7.2 中継ログによるデータ分析

第8章 マルチメディア・ネットワークの産業構造と新しい技術の流れ
 8.1 マルチメディア・ネットワーク・システムの現状と動向
 8.2 サービスにおける考察

 Appendix1 QuickTime APIによるWindows クライアント・ストリーミング・プログラム
 Appendix2 本書での Android 開発環境の構築と利用
 Appendix3 マルチメディア・ネットワーク・サービスの新たな試み



Industrial Computing Series 一覧のページへ


Copyright 1997-2017 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp