書籍案内 CQ HomeCQ出版社のトップページへ戻る
雑誌&書籍案内のページへ戻る

ハードウェア・セレクション・シリーズ 【シリーズ一覧へ】

最新デバイスで挑戦する2〜24GHz機の製作と測定&スペアナ活用

マイクロウェーブ実験室

時藤 勉 著
B5変型判 164ページ
定価2,808円(税込)
JAN9784789841238

2007年9月1日発行

好評発売中!

マイクロウェーブ実験室 新刊案内をメールで購読
(CQ出版Web会員サービスで購読)

buynow

CQWebShopで購入
amazonで購入

■口絵(337K) 
■第1章(366K) 

立ち読み


 一般に3〜30GHzまでの周波数帯はマイクロ波帯と呼ばれ,ETC,無線LAN,衛星放送などに広く利用されています.電子レンジに代表されるように熱エネルギー源として,さらには熱触媒反応の分野や医療・環境分野などと,その応用範囲はますます広がってきています.
 このようにニーズの高まっているマイクロ波ですが,これまでマイクロ波関係の書籍は,ややもすると難しい数式と理論が先行し,実用レベルでの実際の製作記事や解説はあまり見かけませんでした.
 本書では,あえて数式や理論的解説を最小限にし,実験や試作を主眼に,評価用という目標で,マイクロ波コンポーネントを製作するための解説書をめざしました.デバイスも一般に市販されている,入出力が50Ωに整合された汎用品を使うことにより再現性を高めています.
 マイクロ波では,測定器を使いこなせるかどうかも,重要です.そこで本書では,スペアナの使いこなし方や誤差を少なくする測定法なども紹介します.測定器の重要なアクセサリである方向性結合器(DC),減衰器(ATT),アイソレータなどについても解説を加えました.さらに管体無線LANや熱触媒反応器など,マイクロ波領域であればこそ実用化できた例をあげながら,実用評価中の機器についても解説しています.


目次

カラー口絵 本書で製作するマイクロ波機器
はじめに

 送信系/パワー・アンプ/受信系/DBMとプリスケーラ/マイクロ波のパワー測定法
第1章 マイクロ波入門:機器構成と測定法
 1-1 送信系
 1-2 パワー・アンプ(PA;電力増幅)部
 1-3 受信系
 1-4 DBMとプリスケーラ
 1-5 マイクロ波のパワー測定法
  MEMO マイクロ波用コネクタと同軸ケーブル
  MEMO HPとAgilentとAvagoの関係

 24GHz帯VCOの製作/24GHz PLLの設計
第2章 24GHz帯PLLシンセサイザの製作
 2-1 24GHz帯VCOの製作
 2-2 24GHz PLLの設計
  MEMO 重要な電源の話
  MEMO PLL ICでFMの復調ができる
  MEMO フィルタの種類と特徴

 Hittite 300mW PA/Avago 1W PA/Eudyna 1W PA
第3章 24GHzパワー・アンプを作る
 3-1 Hittite社MMIC使用300mW PAの製作
 3-2 Avago社MMIC使用1W PAの製作
 3-3 Eudyna社MMIC使用1W PAの製作
  MEMO マイクロ波基板は「お絵かき感覚」で作ろう

 Hittite 300mW PLL FM送信機/Avago 1W PLL FM送信機/Eudyna 1W PLL FM送信機
第4章 24GHz送信機として完成させる
 4-1 Hittite社MMIC使用300mW PLL FM送信機の製作
 4-2 Avago社MMIC使用24GHz 1W PLL FM送信機の製作
 4-3 Eudyna社MMIC使用1W PLL FM送信機の製作
  MEMO 盗聴できない「マイクロ波管体無線LAN」の提案

 2GHz帯1W PLLシンセサイザ/13GHz帯VSAT関連送信ソース/13GHz VSAT 500mW TX
第5章 VSAT関連コンポーネントの製作
 5-1 2GHz帯1W PLLシンセサイザの製作
 5-2 13GHz帯VSAT関連送信ソースの製作
 5-3 13GHz VSAT 500mW TXの製作
  MEMO マイクロ波MMIC基板アートワークの勘どころ

 マイクロ波の新応用分野/熱触媒反応器とは/熱触媒反応用ソース/実装上の注意と調整
第6章 9.8GHz 25Wマイクロ波熱触媒反応器用ソースの製作
 6-1 広がるマイクロ波の応用分野
 6-2 マイクロ波マルチモード熱触媒反応器とは
 6-3 熱触媒反応用マイクロ波ソースを作る
 6-4 実装上の注意事項と調整要領
  MEMO なぜId=0.6Idssなのか

 X-Band用1W機とミキサ/VSAT用CONVとLNA/16〜30GHz CONVとLNA
第7章 コンバータとロー・ノイズ・アンプの製作
 7-1 X-Band用1W機とミキサの製作
 7-2 VSAT用受信コンバータとLNAの製作
 7-3 超広帯域(16〜30GHz)受信コンバータとLNAの製作

 30GHz用広帯域DBM/18GHz 1/4分周器/DC/ATT/DET/アイソレータ/サーキュレータ
第8章 マイクロ波測定用アクセサリ
 8-1 最大30GHz用広帯域DBMの製作
 8-2 18GHz 1/4分周器(プリスケーラ)の製作
 8-3 方向性結合器(DC)
 8-4 マイクロ波用減衰器(ATT)
 8-5 マイクロ波用検波器(DET;ディテクタ)
 8-6 アイソレータ/サーキュレータ

 なぜスペクトラムを測定するのか/直接測定できるもの/誤差要因/壊さないためのノウハウ
第9章 スペアナを使いこなす
 9-1 マイクロ波用スペアナの動作原理
 9-2 なぜスペクトラムを測定するのか
 9-3 マイクロ波用スペアナの性能を決めるもの
 9-4 スペアナで直接測定できるもの
 9-5 マイクロ波用スペアナの誤差要因
 9-6 スペアナを壊さないためのノウハウ

参考・引用文献

索引



ハードウェア・セレクション・シリーズ 一覧のページへ


Copyright 1997-2017 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp