書籍案内 CQ HomeCQ出版社のトップページへ戻る
雑誌&書籍案内のページへ戻る

RF DESIGN SERIES 【シリーズ一覧へ】

AM/SSB/FM…高速A-D変換×コンピュータでソフトウェア変復調

フルディジタル無線機の信号処理

西村 芳一/中村 健真 共著
B5判 224ページ
CD-ROM 1枚 フルディジタルRF信号処理実験キットTRX-305用DSPフレームワーク
定価5,832円(税込)
JAN9784789846356

2016年9月1日発行

好評発売中!

フルディジタル無線機の信号処理 新刊案内をメールで購読
(CQ connectで購読)

buynow

CQWebShopで購入
amazonで購入


 AM,SSB,FMなどの変調方式は,音声帯域の無線伝送のために古くから使われてきました.AMは中短波ラジオ放送,SSBは短波帯のアマチュア無線通信,FMはV/UHF帯のラジオ放送や移動体通信など,さまざまな分野でそれぞれの特徴を活かして応用されています.昨今では,これらの信号を変調/復調する処理のために,FPGAやDSPを利用したディジタル信号処理技術が活用されるようになってきました.
 本書では,主に音声帯域のアナログ無線通信を実現するためのディジタル信号処理技術を,「フルディジタル無線機キットTRX-305」を実例にして解説しています.


目次

 第1章 ゲルマニュウム・ラジオで考える
 アナログ信号処理とディジタル信号処理の違い

 第2章 サンプリング定理とその処理方法
 アナログ信号をディジタル化する際の基礎

 第3章 信号処理のダイナミック・レンジ
 プロセッシング・ゲインとディザを活用

 第4章 解析信号の意味とその生成方法
 信号をI成分とQ成分に分離する

 第5章 ディジタル・フィルタの種類と設計法
 通信で広く使われるFIRタイプの実装法を中心に

 第6章 ディジタル信号処理での演算の基礎
 組み込み処理ではさまざまな制約がある

 第7章 さまざまな関数の組み込み方法
 三角関数,CORDIC,対数の計算など

 第8章 サンプリング・レート変換
 歪みをなくして効率的な処理を実現するために

 第9章 ノイズ・シェイピングの手法
 ディジタル演算の無効桁を切り捨てずに利用する

 第10章 変調/復調を行う信号処理の基礎
 無線通信で使用されるAM,SSB,FMの信号処理を中心に

 第11章 フルディジタル無線機実験キットTRX-305
 ダイレクト・サンプリングとFPGA+DSPによる変復調の実験を可能とする

 第12章 ディジタル信号処理による変復調機能の実現
 フルディジタル無線機実験キットTRX-305での実装を例にして

 第13章 受信信号のスペクトラム表示機能を組み込む
 I/Qデータをパソコンに送ってFFT処理する

 Appendix TRX-305用DSPフレームワーク“Hirado”
 DSPの復調アルゴリズムの実験をC言語で行える

 ディジタル信号処理サポート・ツール
 FIRフィルタの係数計算とLCフィルタの設計



「フルディジタルRF信号処理実験ボード[アクリル・ケース付き] TRX-305A」 (税込価格95,040円) 好評発売中!
「2GHz Piレシーバ拡張ボード」 (税込価格69,120円) 好評発売中!
「Piラジオ・フルキット」 (税込価格108,000円) 好評発売中!


RF DESIGN SERIES 一覧のページへ


Copyright 1997-2017 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp