用語検索



3900

 内部補償型のノートン・アンプの定番.オリジナルはNS社のLM3900.
 ノートン・アンプとは,入力にエミッタ接地トランジスタを使用した電流差動OPアンプである.
 産業用や車載などを意識した単電源応用が意識されている.4個入り.出力電圧振幅が大きくとれる特徴がある.なお,ピン配置は,一般のクワッドOPアンプと異なるので注意が必要.LM2900では使用温度範囲が0〜+70℃から−40〜+85℃に拡大されている.


用語検索インデックスへ戻 る  用語検索のトップに戻る   Copyright 1997-2000 トランジスタ技術編集部