用語検索



キャッシュ・メモリ (cache memory)

 高速動作のCPUは高速動作のメモリを必要とする.しかし,CPUの動作スピードにあったアクセス・タイムをもつ高速の大容量メモリを使用した場合,一般的にコストが高くなってしまう.
 キャッシュ・メモリは,CPUとメイン・メモリとなるメモリの間に介在した,小容量で高速のメモリである.
 CPUはキャッシュ・メモリをアクセスすることによりメイン・メモリのスピードによらず,高速で動作することが可能となる.
 CPUがキャッシュ・メモリをアクセスしたときデータが存在している確率のことをヒット率という.ヒットすればCPUはプログラムにしたがい,命令を実行していく.ヒットしなかった場合は,メイン・メモリの内容をキャッシュ・メモリに移さなければならないため,プログラムの実行を中断する.
 最近の高機能なマイクロプロセッサは,命令用とデータ用にキャッシュを内蔵している.


用語検索インデックスへ戻 る  用語検索のトップに戻る   Copyright 1997-2000 トランジスタ技術編集部