用語検索



ルック・アヘッド・キャリ (look ahead carry)

 多段のアダーにおいて,各桁の加算結果のキャリを上位の桁に繰り上げていくと,演算時間が非常に長くなる.このため,各桁の演算とは別に,入力の組み合わせから最終出力のキャリを演算してしまうことで,アダーの演算速度は向上する.
 このキャリ演算回路をルック・アヘッド・キャリ回路という.実際には,入力のどこかにゼロのビットがあれば桁上がりが起きないので,回路規模としては簡潔である.


用語検索インデックスへ戻 る  用語検索のトップに戻る   Copyright 1997-2000 トランジスタ技術編集部