用語検索



ページ・モード (page mode)

 DRAMの高速アクセス方式である.ページ・モード,高速ページ・モード,ニブル・モード,スタティック・カラム・モード,EDOとして知られるハイパー・ページ・モードなどがある.
 DRAMではパッケージのピン数を少なくする目的で,一般にアドレスを行,列の2回に分けて与えるマルチプレックス・アドレス方式が使われる.
 ノーマル・モードでは,行(row)アドレス,列(column)アドレスの順に出てくるマルチプレックスト・アドレス信号MAを,それぞれRAS信号,CAS信号の立ち下がりでラッチしてアドレスを得る.
 ページ・モードでは,同一行(row)につながる列(column)群を1ページと呼ぶ.そのページの行アドレスを最初のRASでラッチし,同一ページ内ではCASだけをトグルして列アドレスを次々に与える.こうしてアクセス・タイムを短縮することができる.


用語検索インデックスへ戻 る  用語検索のトップに戻る   Copyright 1997-2000 トランジスタ技術編集部