用語検索



レイル・ツー・レイル動作 (rail to rail operation)

 一般的にOPアンプの最大出力電圧振幅は,電源電圧の上限および下限より1〜2V程度少ない.したがって,動作電源電圧が低いと,出力電圧が十分取り出せない.
 それに対し,レイル・ツー・レイル動作のOPアンプは,出力電圧をほぼ電源電圧いっぱいまで取り出すことができる.


用語検索インデックスへ戻 る  用語検索のトップに戻る   Copyright 1997-2000 トランジスタ技術編集部