用語検索



ラムバスDRAM (Rambus DRAM)

 プロセッサが性能を上げ,メモリが高密度になるにつれ,CPUとメモリ間の転送速度(バンド幅)はますます高いものが要求されている.
 ラムバスDRAMは,ラムバス・インターフェースとオンチップ・キャッシュをもつDRAMで,CPUとのデータ転送速度は600Mビット/秒と飛躍的に拡大しており,高速のマルチメディア信号処理システムなどで採用されている.
 Rambus社の商標である.


用語検索インデックスへ戻 る  用語検索のトップに戻る   Copyright 1997-2000 トランジスタ技術編集部