用語検索



共振型電源 (resonance type power supply)

 電源部の電力変換効率を上げ,しかも発生するノイズを低減させようとするために考案された回路.
 通常のスイッチング型電源の動作は,電流・電圧波形ともに方形波に近いスイッチング動作である.これに対して,このどちらかあるいは両方をコイルとコンデンサで共振させて,サイン波状の動作をさせるスイッチング電源回路.
 単位時間あたりの電流変化率が小さくなり,ノイズの発生量を低減でき,トランジスタの損失も低減できる.
 電力の制御方法がかなり困難であるために,現在ではON/OFFの過渡状態だけ共振作用を利用する,部分共振型が主流である.


用語検索インデックスへ戻 る  用語検索のトップに戻る   Copyright 1997-2000 トランジスタ技術編集部