用語検索



逐次比較型A-Dコンバータ(succesive approximation type A-D converter)

コンパレータ,nビットのD-A変換器,逐次比較レジスタ(SAR;Succesive Approximation Register),制御部から構成される.
 まずD-A変換器のMSBだけを1にし(残りは0)入力信号と比較する.入力信号のほうが大きければMSB=1が,小さければMSB=0が決定できる.次にMSBより一つ小さい位のビットを1にして同様に決定する.これをnビット回繰り返し,最後にLSBを決定すれば変換終了となり,このときのD-A変換器のディジタル・データがA-D変換結果となる.
 A-D変換中に入力信号が変動すると,正確なA-D変換結果は得られないので,必ず入力信号をサンプル&ホールドする必要がある.



用語検索インデックスへ戻 る  用語検索のトップに戻る   Copyright 1997-2000 トランジスタ技術編集部