用語検索



ライト・バック・キャッシュ(write back cache)

 プロセッサがデータをメモリに書き込むとき,書き込みはキャッシュ・メモリだけに行い,書き込み時間を短縮する方式.書き込まれたデータは,キャッシュ・メモリをフラッシュするときに,内容をメイン・メモリに書き戻す必要がある.制御回路は複雑だが,性能はライト・スルーよりもよい.
 CPUの書き込みを一度キャッシュ・メモリに貯めて,折を見てまとめてメイン・メモリへ転送する方法であるので,この転送するタイミングは,CPUが読み出し中にも発生することがあり,結果的に読み込み速度がライト・スルーより遅くなる場合がある.


用語検索インデックスへ戻 る  用語検索のトップに戻る   Copyright 1997-2000 トランジスタ技術編集部