書籍案内 CQ HomeCQ出版社のトップページへ戻る
雑誌&書籍案内のページへ戻る

フリーソフトを使いこなそう 【シリーズ一覧へ】

信号発生から雑音除去まで簡単プログラミング

グラフィカル言語PureDataによる音声処理

中村 文隆 著
B5判 80ページ
CD-ROM付き
定価2,160円(税込)
JAN9784789812436

2009年9月1日発行

[品切れ重版未定2016.12.7] グラフィカル言語PureDataによる音声処理 新刊案内をメールで購読
(CQ connectで購読)

buynow

CQWebShopで購入

大変恐縮ですが,こちらの商品は品切れ重版未定となりました.

■P.3(91K)  ■P.6-7(227K) 
■P.16-17(185K)  ■P.28-29(214K) 

立ち読み


 Pure Data(ピュア・データ)は,オープンソースのプログラミング環境で,グラフィカルな操作が特徴です.
 プログラミングの基本となるのはデータの流れ,すなわちデータフローで,データの入出力と処理を備えたオブジェクトと呼ばれる箱を線でつなぐ作業によってプログラミングを行います.
 本書は,Pure Dataの基本的な使い方を学び,短波帯での受信音に効果のあるフィルタを作成してみます.付属CD-ROMにはPure Dataと,本書で解説したサンプル・パッチ・ファイルを収録しています.


目次

はじめに

1.Pd(Pure Data)とは
 1-1 Pure Data(Pd)について
 1-2 本書で想定する使い方

2.Pure Dataの導入と動作チェック
 2-1 インストール
 2-2 Pdの動作チェック
 2-3 音声入出力のチェックと設定
 2-4 複数のサウンド・カードがある場合

3.テスト音源の作成
 3-1 正弦波音源の周波数を変化させる
 3-2 音量をスライダで調節する
 3-3 ノイズ音源を加える

4.簡易DSPパッチの製作
 4-1 バンドパス・フィルタ
 4-2 ノッチ・フィルタ
 4-3 簡易DSPパッチのメイン・パッチ
 4-4 簡易DSPのテストと使い方

5.フィルタ特性のグラフ化
 5-1 フィルタの特性を測定するサンプル・パッチ
 5-2 自作フィルタの特性を測定する

6.Pdのコツ
 6-1 Pdのビルトイン・オブジェクト一覧
 6-2 Pdのファイル形式
 6-3 四則演算など
 6-4 デバッグ用のprint
 6-5 Arrayとgraph

7.サンプル・パッチ
 7-1 VUメータ
 7-2 入力音声の表示と解析
 7-3 モールス信号ジェネレータ
 7-4 DTMFエンコーダ
 7-5 DTMFデコーダ
 7-6 コンプレッサ
 7-7 RS232Cを使う



「電脳Arduinoでちょっと未来を作る(マイコンと電子工作 No.1)」 (税込定価1,944円) 好評発売中!


フリーソフトを使いこなそう 一覧のページへ


●本書付属のCD-ROMについてのご注意
本書付属のCD-ROMの貸与または改変,複写複製(コピー)はできません.詳しくはこちらをご覧ください.

Copyright 1997-2017 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp