書籍案内 CQ HomeCQ出版社のトップページへ戻る
雑誌&書籍案内のページへ戻る

第四級アマチュア無線技士用

アマチュア無線教科書

(無線従事者養成課程用教科書)

一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会 編
A5判 136ページ
定価1,080円(税込)
JAN9784789813686

2012年1月15日発行

好評発売中!

アマチュア無線教科書 新刊案内をメールで購読
(CQ出版Web会員サービスで購読)

buynow

CQWebShopで購入
amazonで購入

■立ち読み(2.70MB) 
■見本PDF(568KB) 


 日本アマチュア無線振興協会が全国各地で実施している,養成課程講習会で使用される第4級アマチュア無線技士用の教科書で,2012年4月1日以降の講習会では,本書が教材として受講者に配布されます.
 郵政省の告示した教科内容にもとづいて,無線工学と法規を系統だてて解説してあります.問題集により得られる知識は断片的ですが,本書を併用して学習することで系統的な理解が可能ですので,国家試験突破のための独習書としてもご活用いただけます.


目次

法規

第1章 電波法規の概要
 1―1 電波法の目的
 1―2 電波法令
 1―3 電波法の用語の定義
 1―4 行政機関
 1―5 電波利用料制度

第2章 アマチュア局の免許
 2―1 アマチュア局
 2―2 アマチュア局の開設
 2―3 アマチュア局の免許
 2―4 無線局免許状の記載事項
 2―5 免許後の免許内容の変更
 2―6 アマチュア局の廃止
 2―7 電波法関係手数料

第3章 無線設備
 3―1 電波の質
 3―2 アマチュア局の電波の型式及び周波数の表示
 3―3 送信装置に必要な条件
 3―4 電波の人体への影響及び防護指針

第4章 無線従事者
 4―1 アマチュア局の無線設備の操作
 4―2 無線従事者の資格とその操作の範囲
 4―3 各級アマチュア無線技士の免許
 4―4 無線従事者免許証

第5章 運用
 5―1 通則
 5―2 アマチュア局の運用の特則
 5―3 無線通信の原則及び用語等
 5―4 呼出し,応答,通報等の方法
 5―5 試験電波の発射方法
 5―6 非常通信及び非常の場合の無線通信

第6章 監督
 6―1 電波の発射の停止
 6―2 臨時検査
 6―3 アマチュア局の免許の取消し等の処分
 6―4 無線従事者の免許の取消し等の処分
 6―5 報告

第7章 業務書類
 7―1 備えつけを要する業務書類
 7―2 無線局免許状
 7―3 無線局免許証票

無線工学

第1章 基礎知識
 1―1 電気
 1―2 電磁気
 1―3 抵抗
 1―4 オームの法則
 1―5 電力
 1―6 抵抗器,コンデンサ,コイル
 1―7 共振回路
 1―8 半導体
 1―9 集積回路

第2章 電子回路
 2―1 増幅
 2―2 発振
 2―3 変調
 2―4 復調(検波)
 2―5 周波数変換

第3章 無線通信装置
 3―1 DSB無線電話装置
 3―2 SSB無線電話装置
 3―3 FM無線電話装置
 3―4 データ通信
 3―5 テレビジョン(TV)
 3―6 ファクシミリ(FAX)
 3―7 RTTY

第4章 電源
 4―1 電源用整流回路
 4―2 電池
 4―3 コンバータ,インバータ

第5章 アンテナ,電波の伝わり方
 5―1 電波
 5―2 アンテナ(空中線)
 5―3 フィーダ(給電線),コネクタ
 5―4 電波の伝わり方

第6章 測定
 6―1 指示計器
 6―2 測定器
 6―3 無線測定

第7章 混信,電波障害
 7―1 混信
 7―2 電波障害の概要
 7―3 電波障害の原因
 7―4 電波障害の対策

第8章 点検,保守
 8―1 装置の点検と保守
 8―2 操作方法

別表 アマチュア業務に使用する電波の型式及び周波数の使用区別
アマチュア局の運用の限界



Copyright 1997-2017 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp