書籍案内 CQ HomeCQ出版社のトップページへ戻る
雑誌&書籍案内のページへ戻る

HAM TECHNICAL SERIES 【シリーズ一覧へ】

トランシーバの回路技術を身につけよう

無線機の設計と製作入門

鈴木 憲次 著
B5変型判 248ページ
定価2,592円(税込)
JAN9784789814942

2006年9月1日発行

[品切れ重版未定2012.11.9] 無線機の設計と製作入門 新刊案内をメールで購読
(CQ connectで購読)

buynow

TechVillage書庫&販売へのリンク

大変恐縮ですが,こちらの商品は品切れ重版未定となりました.

■p19(60K)  ■p36(71K)  ■p48(112K)  ■p54(81K) 
■p67(84K)  ■p86(110K)  ■p103(71K)  ■p183(86K) 

立ち読み

 電波を扱うということは,電波を作り出してそれに情報を付加すること(送信),一方では受け取った電波から情報を取り出すこと(受信)である,と言うことができます.
 本書では,無線機を送信部,受信部に分けて個別にそれぞれ回路を設計し,製作を進めていきます.難しいと言われる高周波の基礎・応用を学ぶ上でも,自分自身で無線機器を設計,製作する際の良きパートナーとして,どうぞ本書をご利用ください.


目次


第1章 製作に必要な知識と道具
 1-1 回路製作の進め方
 1-2 製作に必要な工具の知識
 1-3 製作に必要な部品の知識
 1-4 回路のチェックや調整に必要な測定器の知識

第2章 電子回路の設計と製作への入門
 2-1 ゲルマニウム・ラジオの設計と製作
 2-2 FMワイヤレス・マイクの設計と製作
 2-3 定電圧電源回路の設計と製作

第3章 高周波発振器の設計と製作
 3-1 高周波発振器の設計
 3-2 高周波発振器の製作
 3-3 高周波発振器の調整
 3-4 高周波発振器にまとめる
 3-5 出力回路の設計
 3-6 出力回路の製作

第4章 AM送信機の設計と製作
 4-1 AM送信機の設計
 4-2 AM送信機の高周波回路の製作
 4-3 AM変調機の設計と製作
 4-4 AM送信機の調整

第5章 AM受信機の設計と製作
 5-1 受信機のしくみと動作
 5-2 IF〜AF部の設計
 5-3 中間周波増幅,周波数変換,検波,低周波増幅の製作
 5-4 IF部の調整と特性
 5-5 50MHzフロント・エンド部の設計
 5-6 VFO回路の設計
 5-7 VFO回路の製作

第6章 AM送信機と受信機をトランシーバにまとめる
 6-1 ローパス・フィルタの原理と設計
 6-2 50MHz用ローパス・フィルタを製作する
 6-3 全体をまとめる

第7章 SSBジェネレータを使ったSSB送信機の設計・製作
 7-1 SSBとは何か
 7-2 SSBジェネレータの設計
 7-3 SSBジェネレータの製作
 7-4 SSBジェネレータの調整
 7-5 VFOの方式とその選定
 7-6 VXO回路の設計
 7-7 VXO回路の製作と調整
 7-8 送信用高周波増幅回路の設計
 7-9 送信用高周波増幅回路の製作
 7-10 送信用高周波増幅回路の調整
 7-11 送信用高周波増幅回路の特性

第8章 SSB受信機の設計・製作とSSBトランシーバの完成
 8-1 SSB波の検波
 8-2 受信機回路の設計
 8-3 SSB受信機回路の製作
 8-4 中間周波増幅回路の調整
 8-5 送信部の後ろに入れるローパス・フィルタ
 8-6 21MHz用ローパス・フィルタの製作
 8-7 SSBトランシーバにまとめる

第9章 FM送受信機の設計と製作
 9-1 FM波とは何か
 9-2 FM送信機の設計
 9-3 FM送信機を製作する
 9-4 FM送信機の調整
 9-5 FM送信機の出力
 9-6 FM受信機のしくみと動作
 9-7 FM受信機の設計
 9-8 FM受信機の製作
 9-9 FM受信機の調整
 9-10 FMトランシーバにまとめる

Column
 高周波プローブを製作する
 増幅回路とバイアス
 発振とは何なのだろうか?
 デジタルICを使った調整用簡易信号発生器
 出力電力調整とトラブル・シューティング
 100円ラジオを使って50MHzを受信する
 簡易信号発生器を使った調整
 SSBジェネレータの特性
 信号の流れを確認しておく



「手作りトランシーバ入門」 (税込定価2,808円) 好評発売中!


HAM TECHNICAL SERIES 一覧のページへ


Copyright 1997-2017 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp