書籍案内 CQ HomeCQ出版社のトップページへ戻る
雑誌&書籍案内のページへ戻る

サンデー・プログラマのための教科書シリーズ 【シリーズ一覧へ】

COMET IIシミュレーター・ソフトで動かしながら学習できる

シミュレータで理解しながら習得するアセンブラ言語CASL II

中村 文隆 著
B5変型判 184ページ
定価2,592円(税込)
JAN9784789816304

2012年5月1日発行

好評発売中!

シミュレータで理解しながら習得するアセンブラ言語CASL II 新刊案内をメールで購読
(CQ出版Web会員サービスで購読)

buynow

CQWebShopで購入
amazonで購入

■立ち読み 
■見本PDF 

■ 正誤情報

 本書は,IPA(情報処理推進機構)が実施している基本情報処理技術者試験に出題されるCASL IIというアセンブラ言語と,CASL IIを動作させるシステムである計算機COMET IIを取り上げます.
 CASL IIと計算機COMET IIは,ともに仮想的な言語とシステムですが,現在広く使われているコンピュータの中核となる範囲を過不足なく抽象化しており,現実のさまざまなコンピュータ・システムの動作原理と,それらを制御する多様な高級言語の基礎となる思考形態を理解するためには最適な環境であると言えます.
 本書の解説は,計算機COMET IIのWindowsパソコン用のシミュレータを使いながら,アセンブラ言語CASL IIの理解を深めます.
 アセンブラを具体的に理解しておくことは,高度な情報処理技術を学ぶ際にも,表面的な理解より一段深い理解につながっていきます.また,実際的な話として,基本情報処理技術者試験におけるプログラム言語の選択対象のうち,CASL IIは言語仕様として最小のものであり,まったくプログラム言語の経験がなければ,他の言語に比べて学習量が少なくて済むという利点もあります.


目次

第1章 シミュレータの使い方
 ● CASLIIと計算機COMETII
 ● シミュレータのインストールと動作確認
 ● シミュレータの画面説明

第2章 アセンブラの基本
 ● 学習する前に準備しよう
 ● 計算機COMETII
 ● CASLIIの基本的なプログラム
 ● 算術演算,論理演算
 ● 選択と反復処理
 ● 表を使った処理
 ● スタック
 ● スーパー・バイザー・コール
 ● 独自拡張命令

第3章 応用編
 ● LCD表示装置
 ● 描画装置
 ● ボタン入力装置
 ● デモンストレーション・プログラム

第4章 基礎知識
 基礎理論

第5章 シミュレータCC22の仕様
 ● メモリ割り当て
 ● 拡張I/O仕様
 ● スーパー・バイザー・コール
 ● 計算機COMETII機械語命令一覧
 ● 練習問題解答



サンデー・プログラマのための教科書シリーズ 一覧のページへ


Copyright 1997-2017 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp