書籍案内 CQ HomeCQ出版社のトップページへ戻る
雑誌&書籍案内のページへ戻る

IT TEXT シリーズ 【シリーズ一覧へ】

データベース技術教科書

DBMSの原理・設計・チューニング

都司 達夫/宝珍 輝尚 著
B5判 192ページ
定価2,376円(税込)
JAN9784789818704

2003年12月20日発行

好評発売中!

データベース技術教科書 新刊案内をメールで購読
(CQ出版Web会員サービスで購読)

buynow

CQWebShopで購入
amazonで購入

■はじめに(18K)  ■第1章(30K) 
■第3章(22K)  ■第6章(16K) 


 リレーショナルデータベース・マネジメントシステムをベースに,DBシステムの原理から,設計・チューニングまでを詳細に解説.さらに話題のオブジェクト指向データベースや,データマイニングに欠かせない多次元データ/多次元インデックスなど,最新のデータベース技術まで網羅した自信作です.
 好評を博したOPEN DESIGN誌 No.37特集『データベース・システムの基礎知識』に,「データベースの設計」と「関係データベースの適用業務とチューニング」,それに「多次元データとその索引付け」の章を追加しました.
 製品に依存しない,10年以上持つデータベース技術を本書でマスターしよう!


目次

はじめに 本書の目的と構成

第1章 データベース・システム基礎論
 1.1 データベース・システムとは
  データベース
  データベース管理システム
  利用者
 1.2 データベース管理システムの基本機能
  データのプログラムからの分離
  データの独立性
  データの一貫性の制御
  複数キーによる多面的な処理
  オンライン即時処理
  プライバシーの保護
 1.3 データベースに対する視点
  概念スキーマ
  外部スキーマ
  内部スキーマ
  エンドユーザの見方
 1.4 データモデル
  階層モデル
  ネットワークモデル
  関係モデル
  オブジェクト指向モデル

第2章 関係データベース・システムの基礎
 2.1 関係モデルの基礎
  集合・関係・定義域・属性
  キー
  参照の整合性
 2.2 関係データベースに対する操作
  検索
  更新操作
  副問い合わせ
  集約関数
  ソートとグループ化
  集合演算
 2.3 実テーブルとビューテーブル
 2.4 ビューテーブルの更新異状
 2.5 SQL言語とデータベースの定義
  SQL言語
  データベース・スキーマの定義
 2.6 ホスト言語とのインターフェース
 2.7 カーソル操作

第3章 データベースの設計
 3.1 データベース設計の必要性
 3.2 データベース設計の概要
 3.3 データベース設計の基礎
  実体関連モデル(ERモデル)
  正規形
  ERモデルから関係モデルへの変換
 3.4 データベースの概念設計
  目的と手順
  トップダウンな設計
  ボトムアップな設計
  トップダウンな設計とボトムアップな設計の見直し
 3.5 データベースの論理設計
  目的
  関係モデルへの変換
  リレーションの設計
  属性の設計
  インデックスの設計
 3.6 データベースの物理設計
  目的
  ディスク容量の見積もり

第4章 トランザクション処理
 4.1 トランザクション処理とその必要性
 4.2 直列化可能性
 4.3 同時実行制御
  ロッキング
  ロックの粒度
  ロックの種類
  ロックによる直列化可能スケジュール
  2相ロッキング・プロトコル
 4.4 デッドロック
  デッドロックの検出
  デッドロックの防止

第5章 関係データベースの内部構造
 5.1 索引ファイル
 5.2 B木
 5.3 B+木
 5.4 転置編成
 5.5 ハッシュ法
  オープンハッシュ法
  チェイニング法
 5.6 データベースファイルとテーブルの格納
 5.7 システムカタログ,メタデータベース
 5.8 B+木による索引付き順次編成ファイルの実現
  索引ファイルの構造
  構造体HEADとTREE
 5.9 テーブルおよびカラムの管理
  テーブル情報の管理
 5.10 テーブルの操作
  テンポラリファイルの形式
  検索
  探索条件中のAND,OR処理

第6章 関係データベースの適用業務とチューニング
 6.1 データベース適用業務
  業務種別
  TPCべンチマークでの想定業務
 6.2 関係データベースとチューニング
 6.3 パフォーマンスチューニング
  適切なインデックス種類の選択
  SQL文の変更・利用
  システム・パラメータ
  業務に応じたデータベース・パラメータの設定

第7章 オブジェクト指向データベース
 7.1 関係データベースの欠点
 7.2 オブジェクト指向とは
  抽象データ型
  継承
  複合オブジェクト
  オブジェクト識別性
 7.3 オブジェクト指向データベース
 7.4 オブジェクト指向データベースの実際
  動作モード
  ユーザインターフェース
  データベースの作成
  サーバプロセスの起動と停止
  データベース・スキーマの作成
  インスタンス・データの作成とデータベースへの登録
  データの問い合わせ
  ビュークラスの定義と操作

第8章 多次元データとその索引付け
 8.1 多次元データと多次元インデックス
 8.2 多次元データに対する問い合わせ
 8.3 点データに対するインデックス構造
  k-d木
  グリッドファイル
 8.4 大きさを持つ多次元データに対するインデックス構造
  変換法
  R木
  R+木
  Z順序化

参考文献
索引



IT TEXT シリーズ 一覧のページへ


Copyright 1997-2017 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp