書籍案内 CQ HomeCQ出版社のトップページへ戻る
雑誌&書籍案内のページへ戻る

MediaPro シリーズ 【シリーズ一覧へ】

JPEG2000/Motion-JPEG2000/ストリーミング

JPEG2000詳細解説

福原 隆浩/板倉 英三郎 共著
B5変型判 256ページ
CD-ROM付き
定価3,240円(税込)
JAN9784789818728

2004年9月15日発行

[絶版2008.9.4] JPEG2000詳細解説 新刊案内をメールで購読
(CQ出版Web会員サービスで購読)

buynow

大変恐縮ですが,こちらの商品は品切れ絶版となりました.

■第1章(138K)

■ 正誤情報


 JPEG2000は,高い圧縮率,高解像度,可逆・非可逆圧縮,プログレッション,ランダムアクセス,エラー耐性など,さまざまな点でJPEGを凌駕する新規格です.JPEG2000は,静止画の規格としてスタートしましたが,Motion-JPEG2000はJPEG2000を元に生まれた動画圧縮規格です.圧縮技術には静止画のJPEG2000を使い,ファイル・フォーマットには,QuickTimeをベースとしたMJ2を採用しています.
 本書は,JPEG2000およびMotion-JPEG2000について,ISOの規格書に沿いながら詳細に解説します.また,JPEG2000を動画でストリーミングする際に必要な技術についてもわかりやすく説明しています.


目次

まえがき

第1章 JPEG2000の概要
 1.1 JPEG2000標準化
  JPEG2000標準化団体/JPEG2000標準化の背景
 1.2 JPEG2000の特徴
  JPEG2000の要求条件/JPEGとの差異
 1.3 JPEG2000の構成
  JPEG2000のPartとは?/JPEG2000の新規格(New Part)/
  互換性のための検証テスト/リファレンス・コード

第2章 JPEG2000のコードストリーム構造とシンタックス
 2.1 マーカセグメントとヘッダの定義
  マーカとマーカセグメントのタイプ/
  ITU-T Rec. T.81 | ISO/IEC 10918-1との関係/
  マーカ&マーカセグメントおよびコードストリームの規則/
  マーカ&マーカセグメントの位置関係
 2.2 マーカセグメント
 2.3 コードストリームの構造
 2.4 delimitingマーカ&マーカセグメント
  Start of code stream (SOC)/Start of tile-part (SOT)/
  Start of data (SOD)
 2.5 Fixed informationマーカセグメント
  Image and tile size (SIZ)
 2.6 Functionalマーカセグメント
  Coding style default (COD)/Coding style component (COC)/
  Region of interest (RGN)/Quantization default (QCD)/
  Quantization component (QCC)/Progressive order change (POC)
 2.7 pointerマーカセグメント
  Tile-part lengths (TLM)/Packet length, main header (PLM)/
  Packet length, tile-part header (PLT)/
  Packed packet headers, main header (PPM)/
  Packed packet headers, tile-part header (PPT)
 2.8 In bit streamマーカ、マーカセグメント
  Start of packet (SOP)/End of packet header (EPH)
 2.9 Informationマーカセグメント
  Component registration (CRG)/Comment (COM)
 2.10 コードストリームの制限とプロファイル

第3章 JPEG2000の画面構成
 3.1 Reference grid(リファレンス・グリッド)
  画像の構成要素/Reference gridへのコンポーネントのマッピング
 3.2 タイル
  タイル、タイル・コンポーネントへの画像領域の分割/
  Reference gridへのコンポーネントのマッピング例(参考資料)/
  タイル・コンポーネントの解像度レベルとサブバンドへの展開
 3.3 Precinct(プリシンクト)
  解像度レベルとPrecinctへの展開
 3.4 コードブロック
 3.5 Layer(レイヤ)
 3.6 Packet(パケット)
  パケット・ヘッダの情報/パケット・ヘッダ内の情報の順番
 3.7 Tile(タイル)とTile-part(タイルパート)
 3.8 Progression order(プログレッション順序)
  プログレッション順序の決定手段/プログレッション順序/
  プログレッション順序の変更

第4章 JPEG2000のアルゴリズム
 4.1  DCレベルシフト
  タイル・コンポーネントのDCレベルシフト(参考情報)/
  タイル・コンポーネントの逆DCレベルシフト(参考情報)
 4.2 可逆型コンポーネント変換(RCT)
  順方向RCT(参考情報)/順方向RCT(参考情報)
 4.3 非可逆型コンポーネント変換(ICT)
  順方向ICT(参考情報)/逆方向ICT
 4.4 クロミナンス・コンポーネントのサブ・サンプリングとreference grid
 4.5 ウェーブレット変換
  ウェーブレット変換の原理/離散ウェーブレット逆変換/
  離散ウェーブレット順変換(Forward trnsform(参考情報)/
  ラインベース・ウェーブレット変換(参考情報)
 4.6 量子化
  逆量子化/スカラ量子化
 4.7 ビット・モデリング
  コードブロック内の係数スキャン順序/係数ビットとsignificance/
  ビットプレーンの復号化パス/初期化と終端処理/
  エラー耐性用のsegmentation symbol/
  Selective arithmetic coding bypass/
  Vertically causal context formation/
  コードブロックの符号化の処理フロー/
  ビット・モデリングのまとめ

第5章 ファイル・フォーマット
 5.1 JPEG2000 Part-1のファイル・フォーマット(JP2)
  JP2のファイル識別子/JP2のファイル構造/
  JP2のファイル構造/Metadataの指定
 5.2 QuickTime ファイル・フォーマット
  Movieの再生法/Movieの記録・プレイバック法/
  Movieの時間軸とTrack/Movie PreviewとMovie Poster/
  MovieとTrack/TrackとMedia/Mediaの構造/
  さらにQuickTimeの詳細な構造を知るために
 5.3 Motion-JPEGファイル・フォーマット(MJ2)の主な仕様
 5.4 Motion-JPEG2000ファイル・フォーマット(MJ2)とMPEG-4ファイル・フォーマット(MP4)との継承および互換性
 5.5 用語の定義
 5.6 互換性と関連技術
  ファミリ・メンバー/JP2の継承と互換性/
  コンフォーマンス/ProfileとLevel
 5.7 Motion-JPEG2000ファイル・フォーマット(MJ2)のファイル構造
  Presentationの構造/Meta Dataの構造(Objects)/Boxの定義
 5.8 拡張性
  Object(オブジェクト)/Storage Format(ストレージ・フォーマット)
 5.9 ファイル・コードストリームのプロファイル
  プロファイル/Motion-JPEG2000 Simple Profile
 5.10 まとめ
  ファイル・フォーマットのコンセプト/Mediaの物理構造/
  Mediaの時間構造/インターリーブ/構造化/
  ランダムアクセス/Fragment化されたmovie files/

第6章 Motion-JPEG20000の符号化方式
 6.1 Motion-JPEG2000とJPEG2000動画との違い
 6.2 マルチ・コンポーネントの扱い
 6.3 クロマ・フォーマットの定義
 6.4 フレームベース符号化/フィールドベース符号化(インターレース画像)

第7章 JPEG2000ビデオ・ストリーミング規格
 7.1 ストリーミングとは?
  ストリーミングの形態/ストリーミング・アプリケーション/
  ストリーミングのプロトコル/
  オーディオ・ビジュアル・データ転送とRTP
 7.2 JPEG2000のためのRTPペイロード・フォーマット
  JPEG2000のRTPペイロード・フォーマットの要求条件/
  JPEG2000RTPフォーマットの特徴/
  JPEG2000のRTP共通ヘッダの使用方法/JPEG2000のRTPペイロードヘッダ/
  JPEG2000のRTPパケット化方法/JPEG2000のRTPパケットの優先付け手段/
  JPEG2000をベースとしたスケーラブル配信/
  JPEG2000メインヘッダのロス対策手段



MediaPro シリーズ 一覧のページへ


●本書付属のCD-ROMについてのご注意
本書付属のCD-ROMの貸与または改変,複写複製(コピー)はできません.詳しくはこちらをご覧ください.

Copyright 1997-2017 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp