書籍案内 CQ HomeCQ出版社のトップページへ戻る
雑誌&書籍案内のページへ戻る

CQ BOOKS シリーズ 【シリーズ一覧へ】

先行技術調査,明細書の書き方,審査プロセスまで,
実務に役立つ特許マニュアル

エンジニアのための知的財産権概説

大嶋 洋一 著
A5判 272ページ
CD-ROM付き
定価2,808円(税込)
JAN9784789820172

2004年5月1日発行

[絶版2008.11.21] エンジニアのための知的財産権概説 新刊案内をメールで購読
(CQ出版Web会員サービスで購読)

buynow

大変恐縮ですが,こちらの商品は品切れ絶版となりました.

■第1章(30K) 
■第5章(58K) 

■ 正誤情報


 技術者の発明に対する「相当の対価」が注目されています.ますます特許の重要性が高まるその一方で,「特許とはわかりにくいもの」と思っている技術者の方も多いのではないでしょうか.
 本書は,エレクトロニクスおよびIT関連技術者を対象とした特許解説書です.明細書の書きかた,効率良く先行技術調査を行うノウハウ,拒絶理由への対処方法など,特許取得の勘どころをわかりやすく解説します.また,意匠権や商標権などを含めた知的財産権制度全般についても,技術者として必要な知識をまとめてあります.付属CD-ROMには,発明提案書のための文書化ツール「Patent myStar/IG Version 2(評価版)」を収録しています.


目次

まえがき
付属CD-ROMについて

第1章 なぜエンジニアにとって特許制度は重要なのか?
 1-1 エンジニアの夢をかなえる制度
 1-2 発明を育てる機会を創る制度
 1-3 発明を公共資産化するための制度
 Column エンジニアにとっての中村裁判(青色発光ダイオード事件)の意義とは?

第2章 エンジニアが抱く特許制度への素朴な疑問
 Column エンジニアは,論文と特許をどのように使い分けるべきか?
 2-1 特許評価を決定する四つの視点
 2-2 適用範囲の広い特許は価値が高い
 2-3 「生産性」を意識した特許は価値が高い
 2-4 代替手段のない特許は価値が高い
 2-5 特許侵害を確認しやすい特許は価値が高い
 2-6 ソフトウェアに対する法的保護
 2-7 著作権による保護
 2-8 特許権による保護
 2-9 営業秘密(トレード・シークレット)による保護
 2-10 オープン・ソースというアプローチ
 2-11 エンジニアとして法的保護をどのように選択するか
 2-12 ビジネス・モデル特許とは
 2-13 米国のビジネス・モデル特許
 2-14 日本におけるビジネス・モデル特許
 2-15 日米のビジネス・モデル特許の相違点
 2-16 エンジニアにとってのビジネス・モデル特許

第3章 注目される特許たち
 注目特許(1)― 青色LED特許
 注目特許(2)― 球面半導体特許
 注目特許(3)― NAND型フラッシュ・メモリ特許
 注目特許(4)― Freeman特許
 注目特許(5)― Code Division Multiple Access(CDMA)
 パワー・コントロール特許
 注目特許(6)― 有機ELアクティブ・マトリックス特許
 注目特許(7)― RSA特許
 注目特許(8)― MISTY特許
 注目特許(9)― LZW特許
 注目特許(10)― ハブ・アンド・スポーク特許
 注目特許(11)― ワンクリック特許
 注目特許(12)― マピオン特許
 注目特許(番外編)

第4章 技術情報としての特許情報の活用方法
 4-1 案件番号情報検索―特許情報の基本入手方法―
 4-2 キーワード検索―インターネット感覚の検索―
 4-3 特許分類(IPC)検索―特許検索のプロへの定石―
 4-4 Fターム検索―これであなたも特許検索のプロ―

第5章 特許取得プロセス
 5-1 着想から特許明細書の作成過程
 5-2 特許請求の範囲とは
 5-3 意見書・補正書
 Column 「発明者」と「出願人」
 5-4 審判制度
 Column 「審査官」と「審判官」
 Column 情報提供制度
 5-5 パソコン出願
 5-6 国際特許出願

第6章 海外の特許制度と特許情報
 6-1 米国の特許制度
 Column サブマリン特許
 6-2 欧州の特許制度
 6-3 中国の特許制度
 6-4 台湾の特許制度
 Column 優先権
 6-5 韓国の特許制度

第7章 特許情報の分析とその活用方法
 7-1 特許情報の基礎的な分析手法
 7-2 特許情報を活用した戦略立案
 Column 株価への影響

第8章 特許法から知的財産権法,そして経済法へ
 8-1 著作権法
 8-2 実用新案法
 8-3 意匠法
 Column 知的財産権についてのプロのサポート
 8-4 商標法
 8-5 不正競争防止法
 8-6 回路配置保護法
 8-7 独占禁止法

索引



CQ BOOKS シリーズ 一覧のページへ


●本書付属のCD-ROMについてのご注意
本書付属のCD-ROMの貸与または改変,複写複製(コピー)はできません.詳しくはこちらをご覧ください.

Copyright 1997-2018 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp