書籍案内 CQ HomeCQ出版社のトップページへ戻る
雑誌&書籍案内のページへ戻る

ディジタル信号処理シリーズ 【シリーズ一覧へ】

DSPシミュレータで試しながら理解できる

Scilabで学ぶディジタル信号処理

三谷 政昭 著
B5変型判 260ページ
CD-ROM付き
定価3,024円(税込)
JAN9784789830928

2006年7月15日発行

好評発売中!

Scilabで学ぶディジタル信号処理 新刊案内をメールで購読
(CQ出版Web会員サービスで購読)

buynow

CQWebShopで購入
amazonで購入

■第1章(349K)  ■第2章(383K) 
■第3章(522K) 

立ち読み


 本書は,はじめてディジタル信号処理を学ぼうとする読者を対象に,自らの手でパソコンのキーをたたき,DSPの基本概念についてインタラクティブ的に理解できるよう,やや高度な内容をやさしく解説することを目的にしています.本書の最大の特徴は,Scilabというシミュレーション言語を利用し,プログラムを入力することによってすぐさま処理結果を目で見て,あるいは音で聞いて確認できる点にあります.定型的な信号処理はサブルーチン化してあり,簡単に利用できるように配慮してあります.そして,ディジタル信号処理の解析・表現方法であるz変換や差分方程式,ブロック線図,伝達関数などについての理解を深めます.

■付属CD内のモジュール・アップデート版
Toolフォルダ内のいくつかのモジュールを,アップデートしました.
  本書p.20にあるとおりDspSimフォルダのファイルをパソコンのハード・ディスクにコピーして
DSPSim以下のtoolフォルダをフォルダごと削除します.
  その後,今回のtoolv102.lzhを解凍し,できたtoolフォルダをDspSimフォルダの下に移動してください.
  今回の修正にともない,p.82の図4.8が差し替えとなります.差し替えとなるjpgファイルも,toolv102.lzhにアーカイブされています.


目次

第1部 Scilabによるディジタル信号処理(DSP)への誘い

 第1章 ディジタル信号処理とDSPシミュレータ(Scilab)
  1.1 ディジタル信号処理って何?
  1.2 DSPシミュレータ(Scilab)をインストール

 第2章 四則計算で音が出せる!
  2.1 数値の並びがディジタル信号になる?!
  2.2 ディジタル信号が音に変身するってホント?
  2.3 DSPプログラム・ファイルの作成から実行まで
  2.4 音の高さを変えてみよう!
  2.5 ノコギリ波形はどんな音?
  2.6 ジージー,ザァーザァー雑音を作って聞いてみよう!
  2.7 ドミソの和音は美しい音のハーモニー
  2.8 簡易ピアノでメロディを奏でてみよう!

 第3章 DSPシミュレータで体感するディジタル信号処理の世界
  3.1 正弦波(cos波形)を発生させてみよう
  3.2 信号波形を見てみよう(オシロスコープ)
  3.3 信号スペクトルを見てみよう(スペクトラム・アナライザ)
  3.4 雑音波形とその周波数スペクトルを調べてみよう
  3.5 平均値を計算すると雑音が小さくなるってホント?
  3.6 引き算すると信号の変化するところを取り出せる!

 第4章 ディジタル信号処理システムの全体像を知ろう!
  4.1 信号処理とはこんな感じ!
   4.1.1 雑音を除去するディジタル・フィルタ
   4.1.2 波形を等化するディジタル・フィルタ
  4.2 どんな信号でもディジタルにできるサンプリング処理
  4.3 有限ビットのディジタル信号を作る量子化処理
  4.4 ディジタル信号処理システムの全体構成とその特徴
  4.5 ディジタル信号処理プロセッサの過去,現在,未来
  コラム dB(デシベル)について

第2部 これならわかる! ディジタル・フィルタの世界

 第5章 ディジタル・フィルタの解析に便利なツール
  5.1 ディジタル信号とz変換
  5.2 DSPシミュレータで見るz変換と逆z変換
  5.3 基本的なディジタル信号のz変換対
  5.4 差分方程式による表現
  5.5 ブロック図による表現
  5.6 時間遅れとz変換
  5.7 z変換とブロック図
  5.8 ディジタル・フィルタの伝達関数(システム関数)
  5.9 ブロック図と伝達関数
  5.10 ディジタル・フィルタのDSPプログラミング
  5.11 各表現形式の相互関係

 第6章 ディジタル・フィルタのいろいろな特性と解析
  6.1 フィルタと周波数特性
  6.2 フィルタ特性の数式による表現
   6.2.1 複素表示(直交座標)とフェーザ表示(極座標)
   6.2.2 周波数特性
  6.3 伝達関数と周波数特性との関係
  6.4 ディジタル・フィルタの分類
  6.5 インパルス応答と伝達関数の関係

 第7章 FIRフィルタの基礎とDSPプログラミング
  7.1 FIRフィルタとは
  7.2 伝達関数
  7.3 システム構成(ブロック図)
  7.4 周波数特性
  7.5 線形位相FIRフィルタ
  7.6 FIRフィルタのDSPプログラミング
  7.7 いろいろな周波数特性のFIRフィルタを作ってみよう

 第8章 IIRフィルタの基礎とDSPプログラミング
  8.1 IIRフィルタとは
  8.2 伝達関数
  8.3 安定性
  8.4 システム構成(ブロック図)
  8.5 周波数特性
  8.6 IIRフィルタのDSPプログラミング
  8.7 IIRフィルタで音を作ってみよう

 参考文献



ディジタル信号処理シリーズ 一覧のページへ


●本書付属のCD-ROMについてのご注意
本書付属のCD-ROMの貸与または改変,複写複製(コピー)はできません.詳しくはこちらをご覧ください.

Copyright 1997-2014 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp