書籍案内 CQ HomeCQ出版社のトップページへ戻る
雑誌&書籍案内のページへ戻る

C&E TUTORIAL シリーズ 【シリーズ一覧へ】

計測のためのアナログ回路設計

OPアンプの実践回路から微小信号の扱いまで

遠坂 俊昭 著
A5判 176ページ
定価2,160円(税込)
JAN9784789832847

1997年11月1日発行

好評発売中!

計測のためのアナログ回路設計 新刊案内をメールで購読
(CQ出版Web会員サービスで購読)

buynow

CQWebShopで購入
amazonで購入
TechVillage書庫&販売へのリンク

  「エレクトロニクスで何かを行う」とき最初に重要なことは,扱うエレクトロニクス信号をきちんと計測することです.そのような意味で計測回路技術は,エレクトロニクスの原点と言われています.
 エレクトロニクス機器の性能を向上させるには,計測回路技術の性能を上げることがもっとも基本的な事項です.
 本書ではアナログ回路の基本とも言える増幅回路を,高精度な信号計測という観点から具体的な設計・製作として取り上げて解説しています.
 また,近年使用されるようになった回路シミュレータSPICEについての,具体的な活用事例としても有効です.
 アナログ回路設計に取り組まれている方は是非ご一読ください.


CONTENTS

第1章 プリアンプを低雑音化する技術
〜OPアンプをいかに低雑音にして使うか
 1.1 プリアンプに要求される性能
 1.2 熱雑音(Thermal Noise)を理解しておこう
 1.3 OPアンプ回路で発生する雑音
 1.4 プリアンプの周波数特性とひずみ特性は

第2章 低雑音プリアンプの設計と製作・評価
〜OPアンプで実現できる最小レベルを確認する
 2.1 プリアンプ設計の実際
 2.2 製作したプリアンプの調整と特性の確認

第3章 電流入力アンプの設計
〜光センサやCTと一緒に使う
 3.1 電流入力アンプのあらまし
 3.2 負帰還電流入力プリアンプの設計
 3.3 負帰還電流入力アンプの実際
 3.4 CTで使用する電流入力アンプ

第4章 負帰還回路の解析と回路シミュレーション
〜見えない部分を明らかにする
 4.1 安定な負帰還回路を構成するには
 4.2 OPアンプ回路に対する容量負荷の影響

第5章 差動アンプの技術を活用しよう
〜雑音上の信号を上手に取り上げる回路技術
 5.1 コモン・モード雑音がとれない
 5.2 そして差動アンプの登場
 5.3 進化した差動アンプ
 5.4 差動アンプの実験

第6章 アイソレーション・アンプを使おう
〜安全対策の決め手
 6.1 アイソレーション・アンプの効果
 6.2 アイソレーション・アンプのしくみ
 6.3 アイソレーション・アンプの特性
 6.4 アイソレーション・アンプの使い方

APPENDIX アイソレーション・アンプの試作
〜フォト・カプラによる無変調タイプ



「計測のためのフィルタ回路設計」 (税込定価2,916円) 好評発売中!


C&E TUTORIAL シリーズ 一覧のページへ


Copyright 1997-2017 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp