書籍案内 CQ HomeCQ出版社のトップページへ戻る
雑誌&書籍案内のページへ戻る

プログラミング入門シリーズ 【シリーズ一覧へ】

Code Composer Studioを使ったDSPプログラミング

C言語によるディジタル信号処理入門

三上 直樹 著
B5変型判 296ページ
CD-ROM付き
定価3,024円(税込)
JAN9784789836975

2002年5月1日発行

[絶版2008.5.27] C言語によるディジタル信号処理入門 新刊案内をメールで購読
(CQ出版Web会員サービスで購読)

buynow

大変恐縮ですが,こちらの商品は品切れ絶版となりました.

(191K)


 DSP(digital signal processor)は,携帯電話をはじめとする各種の情報機器に使われており,情報化社会を支える重要な役割を担っています.従来,DSPのプログラミングはアセンブラで行っていましたが,これがDSPを使おうとするときに大きな壁となっていました.しかし,最近はC/C++言語によってDSPのプログラムを開発するための環境が整ってきました.
 本書は,テキサス・インスツルメンツ社が提供するC/C++コンパイラを含むプログラム開発のための統合環境であるCode Composer Studioを利用して,C言語によりDSPのプログラムを作成する方法を詳細に解説しました.


目次

第1章 マルチメディア時代を支えるDSP

第2章 Code Composer Studioによるプログラム開発の概要

第3章 アナログ信号の入出力

第4章 FIRフィルタ

第5章 IIRフィルタ

第6章 ディジタル・フィルタの応用

第7章 適応フィルタ

第8章 信号発生とその応用

第9章 複素信号処理

第10章 FFT(高速フーリエ変換)

第11章 DSP/BIOSを使用するプログラミング

付録A DSPスタータ・キット“C6711 DSK”について
付録B TMS320C6711について
付録C ディジタル・フィルタ設計プログラム



プログラミング入門シリーズ 一覧のページへ


●本書付属のCD-ROMについてのご注意
本書付属のCD-ROMの貸与または改変,複写複製(コピー)はできません.詳しくはこちらをご覧ください.

Copyright 1997-2014 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp