書籍案内 CQ HomeCQ出版社のトップページへ戻る
雑誌&書籍案内のページへ戻る

トランジスタ技術SPECIAL 【シリーズ一覧へ】

トランジスタ技術SPECIAL

OPアンプによる実用回路設計

アナログ基本デバイスの実践的な使い方を実験解説

馬場 清太郎 著
B5変型判 320ページ
定価3,024円(税込)
JAN9784789837484

2004年5月1日発行

好評発売中!

トランジスタ技術SPECIAL OPアンプによる実用回路設計 新刊案内をメールで購読
(CQ connectで購読)

buynow

CQWebShopで購入
amazonで購入

■第1章(120K)


 ほとんどすべてのエレクトロニクス機器でディジタル信号処理が必須となっている昨今ですが,アナログによる信号処理が不要となったわけではありません.微小な入力信号の増幅やA-D変換の前置処理など,アナログ回路を必要とするケースはむしろ増えてきています.さらに,処理の高速化や機器の低消費電力化,高い耐ノイズ性が求められるようになり,アナログ回路がシステムの性能を左右する場面も少なくありません.
 本書では,アナログ用デバイスの基本であるOPアンプについて,基礎的な使用方法から各種の応用回路まで,具体的な実験を通して解説していきます.

注:本書は,月刊「トランジスタ技術」の2002年1月号〜2003年9月号に連載された「わかる!!アナログ回路教室」を加筆・再編集したものです.


目次

第一部 基礎知識編…OPアンプの基礎知識
 第1章 プロローグ
 第2章 OPアンプのあらまし
 第3章 OPアンプの基礎知識
 第4章 OPアンプの基本動作

第二部 使い方編…OPアンプの性能を100%引き出すテクニック
 第5章 ダイナミック・レンジを確保する
 第6章 負帰還をかけて使う
 第7章 出力オフセット電圧の低減
 第8章 基本増幅回路
 第9章 積分回路と微分回路
 第10章 発振の原理と対策
 第11章 雑音の低減

第三部 応用回路編
 第12章 差動増幅回路
 第13章 定電流回路と基準電圧回路
 第14章 電圧-電流変換回路
 第15章 加減算回路
 第16章 コンパレータ回路
 第17章 ダイオード応用回路
 第18章 アクティブ・フィルタ
 第19章 アクティブLPFの設計
 第20章 HPF,BPF,BEF,APFの設計
 第21章 CR型正弦波発振回路
 第22章 LC型正弦波発振回路
 第23章 機械振動子正弦波発振回路
 第24章 マルチバイブレータとファンクション・ジェネレータ



「定本 OPアンプ回路の設計」 (税込定価2,935円) 好評発売中!
「解析 OPアンプ&トランジスタ活用」 (税込定価2,592円)
「OPアンプ活用100の実践ノウハウ」 (税込定価2,268円)
「OPアンプの歴史と回路技術の基礎知識」 (税込定価3,240円)
「PSpiceによるOPアンプ回路設計」 (税込定価3,024円) 好評発売中!
「OPアンプ活用 成功のかぎ」 (税込定価3,240円) 好評発売中!
「復刻版 解析 OPアンプ&トランジスタ活用【オンデマンド版】」 (税込定価3,024円) 好評発売中!


トランジスタ技術SPECIAL 一覧のページへ


Copyright 1997-2017 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp