書籍案内 CQ HomeCQ出版社のトップページへ戻る
雑誌&書籍案内のページへ戻る

mycomputerシリーズ 【シリーズ一覧へ】

I2CとVisual C#をマスターしよう

Windowsで制御するPICマイコン機器

中尾 司 著
B5変型判 240ページ
定価2,592円(税込)
JAN9784789846066

2008年5月1日発行

好評発売中!

Windowsで制御するPICマイコン機器 新刊案内をメールで購読
(CQ connectで購読)

buynow

CQWebShopで購入
amazonで購入


 オランダのフィリップス社が提唱する2線式の同期式シリアル通信インターフェースI2Cは,携帯やパソコン内部では標準的に使われています.本書では,LCD表示やキー入力といった単機能のサブ・コントローラを製作して,それらをI2Cインターフェースによって組み合わせた制御装置の製作例を解説します.製作する装置は,温湿度ロガー(温湿度の測定と、それを記録)と,カメラ雲台コントローラ(IPカメラの雲台をシリアル通信で操作)の二つです.
 また,Microsoft社から無償で提供されているVisual Studio2005の構成アプリケーションの一つである,Visual C# 2005 Expressをインストールし,パソコン側からサブ・コントローラを制御する開発事例を解説します.


■ サポート・ページ


目次

まえがき

 I2Cの概要と実験,開発環境
第1章 I2Cインターフェース・デバイスの導入
 1-1 I2Cインターフェースの使用
 1-2 開発環境
 1-3 その他

 パソコンからI2Cデバイスを制御
第2章 非同期シリアル-I2Cブリッジの製作
 2-1 I2Cブリッジの機能,仕様
 2-2 ハードウェアの製作
 2-3 制御プログラム
 2-4 評価,動作テスト
 2-5 USB対応
 Column 2-1 I2Cドライバ関数
 Column 2-2 スレーブ受信について
 Column 2-3 コマンド文字列の便利な入力方法
 Column 2-4 CCS-C版プログラムのシリアル受信処理

 I2Cスレーブ・コンポーネントの製作
第3章 I2Cコンポーネント
 3-1 コンポーネントの概要
 3-2 I2C制御サーボ・モータ・コントローラ(#118D)
 3-3 I2C制御SRAMボード(#141)
 3-4 I2C制御LCDボード(#143)
 3-5 I2C制御7セグメントLED数値表示器(#129)
 3-6 I2C制御キー・パッド(#144)

 C#言語を使ったWindowsアプリケーションを作成する
第4章 Windowsアプリケーションの作成
 4-1 Visual C# 2005 Express Editionのインストール
 4-2 Visual C# 2005 Express Editionの起動
 4-3 新規プロジェクトの作成
 4-4 フォームへのコントロールの実装
 4-5 フォームへのイベント・ハンドラの実装
 4-6 処理のコーディング
 4-7 コンパイル,実行

 温湿度を計測して記録し,ヒータ制御を行う
第5章 温湿度ロガーの製作
 5-1 装置の仕様
 5-2 温湿度ロガーの製作
 5-3 マイコン・ホストの制御ソフトウェア
 5-4 マイコン・ホストのプログラムの説明
 5-6 操作方法

 温湿度ロガーを制御するWindowsアプリケーションを作成する
第6章 温湿度ロガー制御用アプリケーションの作成
 6-1 Windowsホストのアプリケーション
 6-2 Windowsホストのプログラムの概要
 6-3 Windowsホストのプログラムのコーディング
 6-4 操作方法

 RCサーボ・モータを利用したIPカメラ用雲台を製作
第7章 カメラ雲台の制御
 7-1 装置の仕様
 7-2 マイコン・ホストの製作
 7-3 マイコン・ホストの制御ソフトウェア
 7-4 マイコン・ホストのプログラムの説明
 7-5 雲台の製作
 7-6 操作方法
 Column 7-1 IPカメラ(IP Kamera 9060AK)の使い方

 カメラ雲台を制御するWindowsアプリケーションを作成する
第8章 カメラ雲台制御用アプリケーションの作成
 8-1 Windowsホストのアプリケーション
 8-2 Windowsホストのプログラムの概要
 8-3 Windowsホストのプログラムのコーディング
 8-4 Windowsホストの操作方法

部品入手先
参考文献



mycomputerシリーズ 一覧のページへ


Copyright 1997-2017 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp