書籍案内 CQ HomeCQ出版社のトップページへ戻る
雑誌&書籍案内のページへ戻る

RFワールド 【シリーズ一覧へ】

衛星システムの基礎,通信衛星の歴史,伝送方式,回線設計など

RFワールド No.15

衛星と無線通信システム

トランジスタ技術編集部 編
B5判 144ページ
折込付録付き
定価1,728円(税込)
JAN9784789848862

2011年8月1日発行

好評発売中!

RFワールド No.15 新刊案内をメールで購読
(CQ出版Web会員サービスで購読)

buynow

CQWebShopで購入


衛星システムの基礎,通信衛星の歴史,伝送方式,回線設計など
衛星と無線通信システム

 1965年にインテルサットI号(アーリーバード)による国際商業衛星通信が始まったのを皮切りに,通信衛星が使われ始めました.1980年代の発展はめざましく,日本でもCSや世界初のBS衛星の打ち上げが行われました.今では当たり前になった衛星ですが,情報をやりとりしたり,衛星を制御するのは無線の技術です.
 そこで本書では,衛星にまつわる無線通信について,その歴史,衛星の基礎,実際の方式などについて紹介します.


目次

イントロダクション 静止衛星の誕生から,超高速インターネット衛星まで
衛星通信の世界へようこそ!

第1章 通信衛星の機能,特徴と用途,使用周波数など
通信衛星の概要

Appendix 宇宙の利用空間の広さ

第2章 通信衛星,実験衛星,技術試験衛星,放送衛星,商用放送衛星など
日本の通信衛星の開発経緯とその成果

Appendix スーパー301条と日米衛星合意

第3章 衛星通信とシステム・コスト,中継器,マルチ・ビーム通信方式,マルチプル・アクセス方式,衛星間通信
衛星通信システムの構成

Appendix 衛星中継は地上マイクロ波中継の応用

第4章 衛星の姿勢安定方式,実際の衛星に搭載された通信ミッション機器,衛星打ち上げシーケンスと追跡管制
衛星の基礎知識

Appendix 通信衛星開発と衛星通信の四方山話

第5章 静止衛星系/非静止衛星系地球局の種類,業務,運用など
地球局の基礎知識

第6章 衛星通信回線の性能,回線設計例,干渉問題,蝕モード運用
衛星通信の回線設計

Appendix 通信衛星の動作環境と衛星用中継器の信頼度設計

第7章 地域サービスと全地球的サービスを同時提供,マルチメディア・デュアル・モード・パーソナル通信時代へ
将来の衛星通信への展望

特設記事 BluetoothやZigBeeより低消費電力で2Mbpsを実現!8051互換マイコン内蔵!
2.4 GHz帯特定小電力無線通信モジュール
RF24N1シリーズの全貌とその応用

Appendix 無線モジュールRFS24N1D-05の応用例
視覚障がい者のためのメロディー・コール「捜せるんです!」

技術解説 マイクロ波帯電波の透過/遮蔽を電子的に制御できる新発想の技術!
「電波シャッター・シート」の原理と応用

製作&実験 PLL-IC 74HC4046Aとループ・コイルを使った
金属探知器の製作

歴史読物 最初のアンテナからV/UHF用や中継用アンテナまでを写真とともにつづる
日本におけるテレビ放送アンテナの開発小史

折り込み付録
衛星通信に関する自由空間周波数割り当てチャート
無線LAN/WAN/PANなどの周波数チャートIV



RFワールド 一覧のページへ

RFワールドのホームページ(http://www.rf-world.jp/index.shtml)


Copyright 1997-2017 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp