書籍案内 CQ HomeCQ出版社のトップページへ戻る
雑誌&書籍案内のページへ戻る

シリコン・ディスカバリ シリーズ 【シリーズ一覧へ】

USBで開発・通信が同時可能 R8C/33Aマイコン

すぐに使える! 実験・試作用マイコン・モジュール

寺尾 大二 著
B5判 104ページ
マイコン搭載基板付き
定価4,180円(税込)
JAN9784789819046

2010年9月1日発行

[絶版2016.12.2] すぐに使える! 実験・試作用マイコン・モジュール 新刊案内をメールで購読
(CQ connectで購読)

buynow

大変恐縮ですが,こちらの商品は品切れ絶版となりました.

■見本(5052K)


 急速にリード線の付いた部品が市場から姿を消しています.携帯をはじめ面実装部品が世の中の主流になっています.電子工作を行ううえで,実装の難しい部品をできるだけ使いやすく提供するのがシリコン・ディスカバリ シリーズです.第1弾は,開発ツールが充実していて国内では実績のあるR8Cマイコンを用意しました.USBケーブルをPCとつなげば,すぐに開発をスタートでき,ソース・コード・デバッガなど高度な環境が無償で利用できます.
 本書ではマイコン・モジュールの紹介と,R8Cマイコンを使用するに当たっての要点と簡単な応用例を述べています.応用例は,PC側でVisual Basicを使い,PC連動アプリケーションをたやすく作れる実例を示します.


目次

第1章 付属R8Cマイコン・モジュール SD-R8CDB
 1 R8Cマイコン・モジュールSD-R8CDBの概要
 2 SD-R8CDBの端子接続
 3 電源端子の使用法

第2章 開発ツールのインストールと使い方
 1 開発ツールのインストール
 2 FTDI仮想COMドライバのインストール

第3章 HEW4とUARTモニタ・プログラムを使用したC言語プログラムの開発
 1 統合開発環境HEW4の概要
 2 R8C UARTモニタ・プログラムの概要
 3 スクラッチから作るR8C UARTモニタ・プログラム使用プロジェクト
 4 デバッガの使用法
 5 リリース・バージョンの生成とFLASH ROMへの書き込み

第4章 C言語によるR8Cマイコン固有機能とソフトウェアの記述
 1 C言語によるSFRの操作
 2 C言語によるI/Oポート(GPIO)の操作
 3 システム・クロックの切り替え
 4 割り込みの概要とタイマ割り込みの例
 5 C言語による割り込み書式
 6 C言語によるタイマ割り込みの記述例
 7 I/Oライブラリの利用 ‐printf文の利用‐

第5章 製作実例 Visual Basicと組み合わせたアプリケーション例
 1 HEW4とVBで作るPCパフォーマンス・メータの製作
 2 Visual Basic によるホスト・アプリケーション
 3 Visual Basic によるCOMポートへのアクセスとSD-R8CDBとの通信
 4 作成したVBアプリケーションのインストールと使用法
 5 パフォーマンス・ビューア CQRM-VR8ハードウェアの製作
 6 CQRM-VR8のソフトウェア

第6章 アプリケーションノートの活用とサンプル・プログラム生成ソフトSangoの紹介
 1 R8Cのアプリケーションノート
 2 サンプル・プログラム生成ソフト“Sango”の紹介
 3 Sangoを使ってLEDキャンドルを試す
 4 Sangoのまとめ

第7章 プログラムの入手および資料
 1 Webページとダウンロードの案内
 2 SD-R8CDB回路図



シリコン・ディスカバリ シリーズ 一覧のページへ


Copyright 1997-2019 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp