書籍案内 CQ HomeCQ出版社のトップページへ戻る
雑誌&書籍案内のページへ戻る

半導体シリーズ 【シリーズ一覧へ】

特性を100%活かした回路設計のための

オプト・デバイスの基礎と応用

蝦名 清志 編著
A5判 416ページ
定価3,240円(税込)
JAN9784789830355

2005年7月15日発行

[品切れ重版未定2017.5.10] オプト・デバイスの基礎と応用 新刊案内をメールで購読
(CQ connectで購読)

buynow

大変恐縮ですが,こちらの商品は品切れ重版未定となりました.

■第1章p15-39(197K) 
■第1章p40-55(280K) 


 既刊「新版オプト・デバイス応用ノウハウ」の内容を最新の情報で一新し,光を利用した電子部品の特徴,製造方法,基本回路図,応用例を整理して解説しました.
 大型ディスプレイや携帯電話のバックライト使われている発光ダイオードは,青色発光ダイオードが開発されてから,ますますその応用範囲を広げています.また,DVD関連になくてはならない光ピックアップ部のレーザや,光リモコンに欠くことのできない赤外線通信デバイスなど,オプト・デバイスは,近年のディジタル家電にはなくてはならないデバイスです.
 本書は,これらデバイスの特性を十分に活かした回路設計ができるよう,各デバイスの最新情報を一冊にまとめました.


目次

第1章 可視発光ダイオード
 1.1 概説
 1.2 可視発光ダイオードの動作原理
 1.3 可視発光ダイオードの構造
 1.4 可視発光ダイオードの製造方法
 1.5 可視発光ダイオードの特性
 1.6 可視発光ダイオードの基本的な使い方
 1.7 可視発光ダイオードの応用例
 コラムA-放射束(Radiant Flux
 コラムB-青色,白色,紫外,RGBの展開
 コラムC-白色発光のLED
 コラムD-光束(Luminous Flux)
 コラムE-光に関する用語と単位
 コラムF-光度と輝度
 コラムG-視感度
 コラムH-照度

第2章 赤外発光ダイオード
 2.1 概説
 2.2 赤外発光ダイオードの動作原理
 2.3 赤外発光ダイオードの構造
 2.4 赤外発光ダイオードの製造方法
 2.5 赤外発光ダイオードの特性
 2.6 赤外発光ダイオードの基本的な使い方
 2.7 赤外発光ダイオードの応用例

第3章 半導体レーザ
 3.1 概説
 3.2 半導体レーザの動作原理
 3.3 半導体レーザの構造
 3.4 半導体レーザの製造方法
 3.5 半導体レーザの特性
 3.6 半導体レーザの基本的な使い方
 3.7 単体レーザとホログラム・レーザ
 3.8 ホログラム・レーザの動作原理
 3.9 半導体レーザの光出力の測定方法
 3.10 半導体レーザの取り扱い方
 3.11 半導体レーザの応用例
 コラムI-コヒーレントな光
 コラムJ-発光の原理と光のエネルギ
 コラムK-レーザ発振の3要素
 コラムL-記録型DVD
 コラムM-次世代DVD

第4章 受光素子
 4.1 概説
 4.2 受光素子の動作原理
 4.3 受光素子の構造
 4.4 受光素子の製造方法
 4.5 受光素子の特性
 4.6 受光素子の基本的な使い方
 4.7 受光素子の応用例
 コラムN-応答速度
 コラムO-OEICとOPIC

第5章 フォト・インタラプタ
 5.1 概説
 5.2 フォト・インタラプタの動作原理
 5.3 フォト・インタラプタの構造
 5.4 フォト・インタラプタの製造方法
 5.5 フォト・インタラプタの特性
 5.6 フォト・インタラプタの基本的な使い方
 5.7 フォト・インタラプタの応用例
 コラムP-S/N
 コラムQ-E-24シリーズ抵抗
 コラムR-フォト・インタラプタの検出精度

第6章 フォト・カプラ
 6.1 概説
 6.2 フォト・カプラの動作原理
 6.3 フォト・カプラの構造
 6.4 フォト・カプラの製造方法
 6.5 フォト・カプラの特性
 6.6 フォト・カプラの基本的な使い方
 6.7 フォト・カプラの応用例
 コラムS-電流伝達比(CTR:Current Transfer Ratio)
 コラムT-暗電流(ICEO)
 コラムU-瞬時同相除去電圧(CMR:Common Mode Rejection)
 コラムV-dV/dt(臨界OFF電圧上昇率)
 コラムW-繰り返しピークOFF電流と電圧

第7章 ソリッド・ステート・リレー
 7.1 概説
 7.2 SSRの動作原理
 7.3 SSRの構造
 7.4 SSRの製造方法
 7.5 SSRの特性
 7.6 SSRの基本的な使い方

第8章 IR通信用デバイス
 8.1 概説
 8.2 IrDAの動作原理
 8.3 IrDAの構造
 8.4 IrDAの製造方法
 8.5 IrDAの特性
 8.6 IrDAの基本的な使い方
 8.7 IrDAデータ用光空間伝送デバイスの応用例

第9章 リモコン受光ユニット
 9.1 概説
 9.2 リモコン受光ユニットの動作原理
 9.3 リモコン受光ユニットの構造
 9.4 リモコン受光ユニットの製造方法
 9.5 リモコン受光ユニットの特性
 9.6 リモコン受光ユニットの基本的な使い方
 9.7 リモコン受光ユニットの応用例

第10章 光ファイバ・リンク
 10.1 概説
 10.2 光ファイバ・リンクの動作原理
 10.3 光ファイバ・リンク用コネクタの構造
 10.4 光ファイバ・リンク用送信/受信ユニットの製造方法
 10.5 光ファイバ・ユニットの特性
 10.6 光ファイバ・リンク基本的なの使い方
 10.7 光ファイバ・リンクの応用例
 コラムX-NRZ信号とバイフェーズ信号
 コラムY-モード分散,構造分散,材料分散

第11章 光電素子を応用した光センサ・ユニット
 11.1 概説
 11.2 測距センサ
 11.3 ほこりセンサ
 11.4 カラー・トナー濃度センサ

 参考・引用文献
 索引



半導体シリーズ 一覧のページへ


Copyright 1997-2019 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp