書籍案内 CQ HomeCQ出版社のトップページへ戻る
雑誌&書籍案内のページへ戻る

TECH I シリーズ Vol.14 【シリーズ一覧へ】

PCカード/メモリカードの徹底研究

規格の概要からカード/ホストコントローラ/ドライバの設計/製作

Interface編集部 編
B5判 280ページ
CD-ROM付き
定価2,263円(税込)
JAN9784789833257

2002年10月1日発行

[絶版→新版移行2007.6.8] PCカード/メモリカードの徹底研究 新刊案内をメールで購読
(CQ connectで購読)

buynow

こちらの商品は品切れ絶版となりました.
新版の『改訂新版 PCカード/CFカードの徹底研究』をお求めください.


 組み込み機器では設置される環境条件などから,HDDやFDDなどの可動部分をもつ記憶媒体は好まれない場合が多い.かといってSRAMやフラッシュROMをメモリチップのまま搭載したのでは他の環境(とくにPC)にデータをもっていくために,通信ポートなどを別途用意しなければならないなど,使い勝手が悪い.
 そこでPCカードやコンパクトフラッシュなどの,規格化されたメモリカードインターフェースを実装し,PCやPDAなどで標準的に使われているメモリカードを記録媒体として使う.データを記録した後はメモリカードを抜き出し,PCに差し込んで容易に読み出すことが可能になる.
 またPCカードやコンパクトフラッシュは,メモリカードだけでなく,LANやシリアルなどのI/Oデバイスの拡張ポートとしても使える.組み込み機器に手軽に通信ポートを拡張する方法としても,これらのメモリカードインターフェースは有効である.
 さらに最近では,ディジタルスチルカメラなどの記録媒体として,スマートメディア,メモリースティック.マルチメディア(MMC)カード,SDカードといった小型のフラッシュメモリカードが普及してきている.
 本書では,これらのさまざまなメモリカードの規格や仕組みを詳しく解説する.またユーザー独自の仕様のPCカードを設計し,それに対応したWindowsドライバソフトウェアを作成する.さらに組み込み機器向けにホストインターフェースを設計して,それに対応したカードイネーブラやドライバソフトウェアを作成する.


目次

プロローグ メモリカードのいろいろ
   1 フラッシュメモリとメモリカード規格

      規格化の歴史から16ビット/32ビットPCカードの概要まで
第1章 PCカード規格概要解説
   1 PCカード標準化の歴史
   2 PC Card Standardの概要
   3 PCカードの種類
   4 16ビットPCカードの概要
   5 32ビットCardBusカードの概要

Appendix1 CompactFlashカードの概要

      さまざまなPCカードを認識するための情報
第2章 PCカードCISフォーマット詳解
   1 PCカードとCIS
   2 パラレルI/O PCカードのCIS解説
   3 A-D変換PCカードのCIS解説
   4 このほかによく使われるタプル
   5 CardBusカードのCIS
   6 タプル走査とハードウェア設計上の注意

      16ビット入力/16ビット出力/割り込み1本のPIOポート
第3章 パラレルI/O入出力PCカードの設計/製作
   1 PCカード基板設計
   2 バックエンド側のテスト回路
   3 16ビットPCカード仕様によるPIOカードの設計
   4 CardBusカード仕様によるPIOカードの設計

      Windows98/Me用VxDとWindows2000/XP用WDMドライバ
第4章 PCカード用Windowsドライバの作成
   1 作成するドライバの仕様決め
   Windows98/Me用VxDドライバの作成
   2 VxD作成の準備作業
   3 VxDのコンパイル
   4 PCカードのVxDをインストールするためのINFファイル
   5 VxDのデバッグ方法
   6 VxDのソースファイルの解説
   Windows2000/XP用WDMドライバの作成
   7 WDM作成の準備作業
   8 WDMのコンパイル
   9 PCカードのWDMをインストールするためのINFファイル
   10 WDMのデバッグ方法
   11 WDMのソースファイルの解説
   ドライバ呼び出し用DLLの作成

      i82365互換PCIC&CardBus対応ホストコントローラを直接制御する
第5章 PCカードホストコントローラの動作とカードイネーブラの作成
   1 i82365互換PCカードホストコントローラ
   2 CardBus対応PCカードホストコントローラ
   3 16ビットPCIC用PCカードイネーブラの作成
   4 CardBusブリッジ用PCカードイネーブラの作成

      CPLD/FPGAで組み込み機器にPCカードコントローラを実装する
第6章 SH-3/SH-4用PCカードホストインターフェースの設計/製作
   1 対応PCカードの検討
   2 PCカードインターフェースとコントローラ(PCIC)の仕様検討
   3 SH-3のPCMCIA機能
   4 SH-3とSH-4の共通点と相違点
   5 SH用PCカードホストコントローラのハードウェア
   6 SH用PCカードホストコントローラのソフトウェア

      NAND型フラッシュメモリをダイレクトに接続する低コストメモリカード
第7章 スマートメディアの概要
   1 SmartMediaについて
   2 SmartMediaの仕様
   3 SmartMedia仕様を理解するための予備知識
   4 SmartMedia対応機器の設計選択肢
   5 電気的仕様
   6 物理フォーマット仕様
   7 そのほかの補足事項

      シリアル通信でピン数を減らした小型軽量メモリカード
第8章 マルチメディアカード&SDカードの概要
   1 SDカードの概要
   2 MMCの仕様概要

      SD/MMCモードにも対応した高機能ホストインターフェース
第9章 マルチメディアカード&SDカードインターフェースの設計事例
   ・ホストインターフェース設計編
   1 SPIモードによるMMC/SDカードホストインターフェース
   2 MMCコントローラの開発
   3 MMCコントローラの制御方法
   4 シリコンオーディオ評価ボードについて
   5 本ボードの使用方法および評価方法
   6 システム内部処理について
   ・ドライバ/ソフトウェア編
   7 マルチメディアカードをサポートするためのシステム設計
   8 SPIモード用ドライバの開発事例
   9 MMCモード用ドライバの開発事例

Appendix2 CQ RISC評価キット/ARM7でMMCを読み書きする
   1 MMCのSPIモード
   2 ターゲットボード
   3 シリアルインターフェース4の制御
   4 ARM7評価ボードSPIモードドライバ-インターフェース層-
   5 ARM7評価ボードSPIモードドライバ-API層-
   6 アプリケーション例-ボリュームラベル書き換えアプリケーション-

      オーディオ/ビジュアル/コンピュータをメモリカードでつなぐ
第10章 メモリースティックの概要
   1 メモリースティックの内部構成とホストインターフェース回路
   2 プロトコル
   3 コマンドフロー
   4 論理-物理フォーマット

本書に付属するCD-ROMについて(付属CD-ROMの収録内容)



このほかの関連書籍

 スマートメディア/SDカード/MMCカード/メモリースティックについて詳しく知りたい…


   「フラッシュ・メモリ・カードの徹底研究」(税込定価2,520円)好評発売中!



TECH I シリーズ 一覧のページへ


●本書付属のCD-ROMについてのご注意
本書付属のCD-ROMの貸与または改変,複写複製(コピー)はできません.詳しくはこちらをご覧ください.

Copyright 1997-2019 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp