書籍案内 CQ HomeCQ出版社のトップページへ戻る
雑誌&書籍案内のページへ戻る

TECH I シリーズ Vol.19 【シリーズ一覧へ】

実践リアルタイムOS活用技法

OSの移植からGUIによるアプリケーション開発まで

Interface編集部 編
B5判 152ページ
定価2,096円(税込)
JAN9784789833301

2004年1月1日発行

[絶版2008.6.20] 実践リアルタイムOS活用技法 新刊案内をメールで購読
(CQ connectで購読)

buynow

CQWebShopで購入
amazonで購入

大変恐縮ですが,こちらの商品は品切れ絶版となりました.


 組み込み機器の開発に欠かせない存在としてリアルタイムOSが注目を集めています.リアルタイムOSは,制限時間内の応答が要求されるだけでなく,組み込み機器での使用のために高速な起動,限られた資源で動作することが要求されるなど,デスクトップOSとは違った知識が要求されます.また,近年ではグラフィクス表示機能が高度化し,組み込み機器でもGUIを扱うことが必須となりました.
 そこで本書では,組み込み機器でリアルタイムOSを使い,GUIアプリケーションを作成するために必要となる知識について,詳しく解説を行います.


目次

   なぜリアルタイムOSが必要になるのか?
第1章 リアルタイムOSを使う理由
 CPU使用効率の改善
 コスト面での要請

   マイクロカーネルアーキテクチャで柔軟にシステム構築できる
第2章 リアルタイムOS QNXの概要とPhoton microGUI
 QNX基本コア機能/拡張機能/開発環境
 QNXにおけるデザイン指針
 QNXにおける基本アーキテクチャ
 最小レイテンシと最大スケーラビリティ
 QNXにおけるOSコア機能
 ソフトパーツとしてのQNX OS
 ●Photon microGUIによる分散環境GUI
  Photon microGUIとは
  Photon microGUIの概説
  PhotonでのGUI開発
  Photonでの組み込み例

   ターゲットにOSを組み込む際の機能と方法
第3章 QNXの組み込み環境とPC/iPAQへのインストール
 QNXの起動
 組み込みにおけるQNXの機能
 カスタムハードウェアへのポーティング
 OSイメージの参考例
 QNXと組み込み関連の話題
 ●QNXを実際に使ってみる
  QNX Momentics Non-Commercial(NC) edition
  QNX Momentics NCのインストール
  QNX Momentics iPAQターゲットの構築

   オープンソースOSによるリアルタイム環境の構築
第4章 eCosの現状とiPAQへのインストール
 eCosの開発の背景
 eCosの現状
 eCosの周辺情報
 eCosのAPI
 eCosの開発ツール
 eCos開発環境の構築手法
 RedBoot,eCos,LinuxのiPAQへの実装

   オープンソースで開発されているウィンドウシステム
第5章 Microwindowsの実装と評価
 Microwindowsとは
 MicrowindowsのLinux上での評価
 RTOSへの移植方法
 サンプルプログラムの作成

   実践的な開発/デバッグ環境の解説
第6章 CQ RISC評価キット/SH-4へのOS-9の移植とRomBug
 SH-4ボードに対するOS-9の移植
 OS-9のデバッグ環境

   ネットワーク越しの開発とデバッグが可能な
第7章 XiBase9に見るネットワーク対応GUI
 XiBase9とは
 XiBase9の構成要素
 XiBase9のインストール
 XiBase9アプリケーションの開発
 ターゲットシステムでのリソースの修正
 XiBase9のネットワーク機能

   ハードウェアによる開発環境の改善も可能な
第8章 VxWorksの概要と開発環境Tornadoの実際
 VxWorksの特徴とその概要
 組み込みソフトウェア開発の問題点
 Tornado開発環境
 ROMioを使用した開発環境構築例

   Windows NT/Windows2000/Windows XPをRTOSとして使用可能にする
第9章 Windowsのリアルタイム拡張RTX
 RTXによって可能になること
 Win32からRTXへの移行
 API
 開発手順
 RTX 5.0以降について
 RTX 5.5について
 RTXリアルタイム性能

   CPUとDSPのためのRTOS
第10章 OSEのアーキテクチャとマルチコアデバッグ
 アーキテクチャ
 マイクロカーネルの採用
 スケーラビリティへの配慮
 複数プロセッサの混在環境
 マルチコアデバッグ
 ●汎用ハードで高可用性を実現するためのリアルタイムOSの機能
  非同期メッセージパッシング
  MMUの利用
  アプリケーションに通知する機能
  リンクハンドラ
  ネームサーバ

   高い信頼性が要求される組み込み機器向けのRTOS
第11章 リアルタイムOS「INTEGRITY」の概要
 メモリ空間に関する保護
 メモリ領域とCPU時間の保証
 パーティションスケジューリング
 安全なタスク間通信(コネクション)
 Highest Lockerセマフォ
 リアルタイムパフォーマンス
 開発環境とまとめ

   組み込み向けGUIフレームワークとIDE
第12章 PowerPartsとRADツールを用いたプログラミング
 PowerPartsの特徴
 PowerPartsの構造
 ユーザープラットホームへの移植
 PowerParts RADツールでのプログラミング

   多国語対応も容易な
第13章 PEGによるアプリケーション開発
 PEGの概要
 アプリケーションとターゲット
 準備
 PC上でのアプリケーション開発
 実機へのPEGの移植
 実機でのアプリケーション実行



TECH I シリーズ 一覧のページへ


Copyright 1997-2019 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp