書籍案内 CQ HomeCQ出版社のトップページへ戻る
雑誌&書籍案内のページへ戻る

MOTORエレクトロニクス

電池特性解説からLICの製作・全固体電池の評価実験まで

MOTORエレクトロニクス No.10

EVと電池の充電・放電・給電

トランジスタ技術編集部 編
B5判 216ページ
定価4,104円(税込)
JAN9784789847209

2019年4月1日発行

好評発売中!

MOTORエレクトロニクス No.10 新刊案内をメールで購読
(CQ connectで購読)

buynow

CQWebShopで購入

■見本PDF(3.37MB)


二次電池(繰り返し充電できる電池)は,EVを実現するうえで重要な要素技術の1つだ.
二次電池といっても,リチウム・イオン電池や鉛電池だけでなく,いろいろな種類があり,それぞれ特性が大きく異なる(リチウム・イオン電池にもいろいろ種類がある).容量や電圧,放電時最大電流,充電時最大電流,温度特性….用途を勘案して使用する電池を選択することになる.また,電池の特性にあった使用方法/充電方法/保存方法を行わないと寿命も短くなる.
EVでは,高電圧と大電流が必要なので,極めて多くの電池セルを直並列で接続する.もし1つのセルが異常状態になれば発熱し,燃焼・爆発の危険性が生じる.そうならないように各セルを常時監視する電子回路が必要となる.電池の残容量を知るにも電子回路が必要だ.
EVでは二次電池を無限に搭載できないので,いかに給電するかも重要な課題となる.
本書は,こうした電池周辺技術を取り上げている.


目次


多種多様な電池から選択のための基礎知識
第1章 電池の充放電の特性データの使い方

鉛電池の基礎知識から用途別最新技術まで
第2章 鉛電池の特性を120%引き出す方法

エネルギー密度より充放電性能と長寿命化を優先した
第3章 負極がLTOのリチウム・イオン電池“SCiB”

BMSと電池残量計測を担うガス・ゲージIC
第4章 SBS1.1規格とSMBusプロトコルを使ってみよう

リチウム・イオン電池パック用データ収集ユニットの製作
第5章 SMBusを使い「CQリチウム・イオン電池パック」の内部状態を見る

期待されているリチウム・イオン電池の将来型
第6章 “全個体電池”はどれだけ安全なのか

プリドープ必須! 実験室で水平ドープ法による
第7章 “リチウム・イオン・キャパシタ”の製作

磁界結合方式と同様に今後の普及が期待
第8章 電界結合ワイヤレス電力伝送

将来のEV普及の必須技術となる
第9章 走行中給電が必要な理由

仕様決定からミニモデル実験まで
第10章 ワイヤレス給電仕様のインホイール・モータ搭載EVの開発(前)

実車試験&路面設備の製作と実証実験
第11章 ワイヤレス給電仕様のインホイール・モータ搭載EVの開発(後)

【製作実験レポート】
“磁気車輪”の動作原理・実験・製作
永久磁石による回転型「磁気浮上・走行装置」

【2018年CQ EVミニカート筑波レース 秋大会】
ユニーク・ボディの26台が筑波サーキットに集まった
カウル装着可能な大会で記録は大幅アップ!

【特別連載】
上位入賞を目指すための省エネ型EVレース車の損失削減の考え方(下)
車体構造とタイヤ周りのレイアウト

【EV/モータ製作レポート】
エコノムーブで「菅生サーキット」を走るために
モータ・コイルの最適な巻き方を探る

【広道を走るEVバスの開発】
8輪コミュニティEVバスの製作と普及
ベンチャの挑戦

【連載エッセイ】
クアラルンプールの教壇から(4)
英語をしゃべって「変わり者」になろう!



「モータ制御&ロボット製作記事全集[1300頁収録CD-ROM付き]」 (税込定価3,888円) 好評発売中!



Copyright 1997-2019 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp