書籍案内 CQ HomeCQ出版社のトップページへ戻る
雑誌&書籍案内のページへ戻る

Embedded UNIX Vol.1(Interface 2002年12月号増刊) 【シリーズ一覧へ】

Embedded UNIX Vol.1

第1特集 Linuxクロス開発環境構築入門
第2特集 NetBSDの真髄

A4変型判 192ページ
定価1,561円(税込)

2002年12月1日発行

[絶版2007.3.9] Embedded UNIX Vol.1 新刊案内をメールで購読
(CQ connectで購読)

buynow

大変恐縮ですが,こちらの商品は品切れ絶版となりました.

大変恐縮ですが,現在,品切中です.


 LinuxやNetBSDなどのUNIX系OSが組み込み用途に使用されはじめている.この流れは止まることはなく,今後の一主流として定着してゆくものと思われる.しかし,UNIX系OSを組み込みに使うためには,クロス開発,デバイスドライバ開発,ポーティング,カーネルハッキング,リアルタイムの実現など,難題が多い割に,それを解決するための情報はあまりに少ない.
 そこで,「Embedded UNIX」では,UNIX系OSを組み込みに使う技術者に役立つ情報を提供することを目的とし,組み込みLinuxやNetBSDなどの普及を促す役割を担いたいと考えている.

■Embedded UNIXのページへ


目次

        SHプロセッサ用コードをCygwinとLinux上で作成しよう
第1特集 Linuxクロス開発環境構築入門

      Windows上でGNUのツールが使える!
  第1章 Cygwinの概略と環境設定

      Windows上でどこまでの開発が可能なのか?
  第2章 Cygwin上でのクロスコンパイル環境の作成

      x86マシンで動くLinux上に開発環境を構築する
  第3章 Linux上でのクロスコンパイル環境の作成

        組み込みに適し,実績の多いUNIX互換OSを理解する
第2特集 NetBSDの真髄

      NetBSDの概要と組み込みに使う利点
  第1章 NetBSDを組み込みに使う

      ターゲット向けカーネルの構築方法を解説
  第2章 開発環境とカーネルの移植

      カーネルをターゲットに合わせて小型化する方法
  第3章 NetBSDの組み込みテクニック

      クロス構築の手順と組み込み向け開発の実際
  第4章 NetBSDの組み込みの実例

      実際にCPUボードを動かしてみる
  第5章 デバイスドライバの開発

●重点記事
Linux 2.5で標準化されたプリエンプタブルカーネルの実装

●創刊特別企画
組み込みUNIXベンダー紹介

●連載
Linuxカーネル縮小化計画(第1回)
BusyBoxによるLinux基本環境の構築

●一般/読み物
OPINION
こんな時代がやってきた!

オープンソースソフトウェアを開発するためのWebサイト
SourceForgeって何だ?



Embedded UNIX 一覧のページへ


Copyright 1997-2019 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp