書籍案内 CQ HomeCQ出版社のトップページへ戻る
雑誌&書籍案内のページへ戻る

Embedded UNIX Vol.2(Interface 2003年3月号増刊) 【シリーズ一覧へ】

組み込みエンジニアのための

Embedded UNIX Vol.2

第1特集 作りながら学ぶ 組み込みLinuxシステム設計
第2特集 UNIXとして設計されたRTOS -- LynxOS

Interface編集部 編
A4変型判 192ページ
定価1,561円(税込)

2003年3月1日発行

[絶版2007.3.9] Embedded UNIX Vol.2 第1特集 作りながら学ぶ 組み込みLinuxシステム設計/第2特集 UNIXとして設計されたRTOS――LynxOS 新刊案内をメールで購読
(CQ connectで購読)

buynow

大変恐縮ですが,こちらの商品は品切れ絶版となりました.

(125K)


 これまで,ハードウェア/ソフトウェアの詳細に関する説明については,他の媒体などでも何度も取り上げられているが,Linuxを搭載するという前提に立ったハードウェア設計の進め方などはあまり紹介されていなかった.そこで,本号の第1特集では,ハードウェア/ソフトウェアまでを含む「組み込みLinuxシステム」を設計する際の作業の流れと考え方を,ポイントを絞って集中的に解説を行う.
 また,第2特集では,最初からUNIX互換として設計された「リアルタイムUNIX」であるLynxOSについて,その動作のしくみから詳細に解説を行う.

■Embedded UNIXのページへ


目次

第1特集 作りながら学ぶ 組み込みLinuxシステム設計

      ハードウェア設計の流れとプロセッサを理解する
  第1章 CPUボードの概略仕様とプロセッサの機能

      例題を参照しながらボード設計の詳細に移る
  第2章 システム設計の具体的な進め方

      詳細なハードウェア設計のノウハウと注意点
  第3章 論理設計とタイミング設計および開発環境

      カーネルおよびドライバの移植を行う
  第4章 Linuxのボードポーティング

第2特集 UNIXとして設計されたRTOS -- LynxOS

      リアルタイムUNIXとして設計されたOS
  第1章 LynxOSの概要

      Windows上でビジュアルにLinxOSの開発を行う
  第2章 VisualLynuxによるアプリケーション開発

      時間ごとにタスクの実行,各種イベント表示するツール
  第3章 SpyKerを使ったパフォーマンス解析

      サンプルコードを用いてLynxOSのデバイスドライバを解説
  第4章 LynxOS用デバイスドライバの作成

●重点記事
RTLinux/Pro V1.1を使ったロボット開発事例
4足ロボット歩行用アプリケーションの構築

●連載
Linuxシステム縮小化計画(第2回)
Linuxカーネルイメージのしくみとルートファイルシステム

基礎からのデバイスドライバ作成講座(第1回)
Linuxシリアルポートデバイスドライバの解説と使い方

WindowsプログラマのためのLinuxソフトウェア開発事始め(第1回)
Windows/Linux開発環境とコンソールアプリケーションの基礎

Linuxエンジニアリングツール簡単入門(第1回)
簡易計算ツールbcなど16進数の計算

●一般/読み物
OPINION
マイクロソフト最大の危機

IDEで行うリアルタイムLinuxプログラミング
KylixでART-Linuxのリアルタイムアプリケーションを作成する

組み込みLinuxと組み込みGUIのサーベイ
SHプロセッサ用Linuxの概略と組み込み用GUIの解説

Appendix
Nano-Xプログラミングチュートリアル



Embedded UNIX 一覧のページへ


Copyright 1997-2019 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp