書籍案内 CQ HomeCQ出版社のトップページへ戻る
雑誌&書籍案内のページへ戻る

マイコン活用シリーズ 【シリーズ一覧へ】

18ピンの小さなマイコンPIC16F84Aを中心とした珠玉の実例集!!

PICマイコン応用ハンドブック

トランジスタ技術編集部 編
B5変型判 248ページ
CD-ROM付き
定価2,592円(税込)
JAN9784789834421

2004年7月15日発行

[品切れ重版未定2016.12.2] PICマイコン応用ハンドブック 新刊案内をメールで購読
(CQ connectで購読)

buynow

大変恐縮ですが,こちらの商品は品切れ重版未定となりました.

■カラー・プリビュー[p.9](215K)  ■カラー・プリビュー[p.10](273K)  ■イントロダクション(235K) 
■第1-1章(62K)  ■第2-1章(93K)  ■第6-2章(172K) 


 本書は月刊「トランジスタ技術」に掲載されたPICマイコンの珠玉の製作記事群を1冊に集大成したものです.
 PICマイコンの概要,開発ツールの製作,開発ツールの使い方について述べた後に,応用編では,パソコン周辺アイテム,計測用アイテム,アミューズメント・アイテム,実用アイテムなどの製作例などを収録しています.
 付属CD-ROMには,記事の関連プログラムやマイクロチップ・テクノロジー社の開発ツール&データシートが入っています.
 すでに使いこなしている人にも,これから使おうとする人にも,きっとお役に立てる超オススメの保存版です.


目次

付属CD-ROMについて

カラー・プリビュー 応用編で製作したアイテムの一部

イントロダクション 小さなワンチップ・マイコンが作り出す大きな世界へ乗り出そう!
《コラム》 マイクロチップ・テクノロジー社とPICマイコンの来歴

第1部 PICマイコンの概要
   小さくとも高性能な8ビット・ワンチップ・マイコン
 第1-1章 PIC16シリーズとPIC16F84Aの概要

 Appendix PIC16C84,PIC16F84,PIC16F84Aの相違点

    ミッド・レンジの定番PICマイコン
 第1-2章 PIC16F87Xシリーズの概要

 Appendix PIC16F84Aの命令セット・サマリ

第2部 開発ツールの製作
   電源電圧5Vだけで書き込める!Windows 98&2000対応
 第2-1章 低電圧プログラミング対応PICライタの製作

   AN589改良回路による汎用ライタ!
 第2-2章 WindowsXP対応のPICライタ“PICer3.0”の製作

   PIC16C84/F84/F84A,16C6x/7x,12C5xに対応!
 第2-3章 DOS版の汎用PICライタ“PICEE”の製作

   テキスト処理言語awkで制作したPIC16C84用
 第2-4章 簡易クロス・アセンブラの制作

   身近にある表計算ソフトを活用しよう!
 第2-5章 Excelで制作したPIC16F84アセンブラ

第3部 開発環境と開発ツールの使い方
   まずは道具を揃えて開発の流れをつかもう!
 第3-1章 PICマイコンの開発環境と開発方法

   MPLAB Ver.6&MPLAB-C18
 第3-2章 C言語によるソフトウェアの開発方法

第4部 応用編[1] パソコン周辺アイテム
   PC/AT互換機のシリアル・ポート用
 第4-1章 赤外線コードレス・マウスの製作

   ファミコン用ジョイパッドをPS/2仕様マウスとして使う
 第4-2章 PS/2仕様ジョイパッドの製作

   PIC16C84と液晶ディスプレイだけで作れる!
 第4-3章 シリアル通信ライン・モニタの製作

第5部 応用編[2] 計測用アイテム
   PIC16F877の内蔵ADCを使い,カラー・テレビに表示する
 第5-1章 簡易ディジタル・オシロスコープの製作
  《コラム》 PICの正確なウェイト時間の生成方法

   パソコンのシリアル・ポートでGPIBを制御できる!
 第5-2章 シリアル-GPIBコンバータの製作

   シリアル通信でリモート・コントロールできる
 第5-3章 サーモスタット機能付きディジタル温度計の製作

   0.5Hzステップで1〜128Hz,ストロボ・スコープ用
 第5-4章 PLL制御の簡易パルス・ジェネレータの製作

第6部 応用編[3] アミューズメント・アイテム
   パソコンのCRTディスプレイから表示データを学習する
 第6-1章 学習型バーサ・ライタの製作

   1個のPIC16C84とトランジスタ1石でビデオ・ゲームを作る!!
 第6-2章 ワンチップ・ブレークアウト・ゲームの製作
  《コラム》 製作の動機

   光センサでポールを検出し,モータをPWM制御する
 第6-3章 スラローム走行ロボットの製作

   パン・パンと拍手で合図するとアラームで応答する
 第6-4章 お知らせキー・ホルダの製作

   ソフトウェアでUARTとA-Dコンバータを実現するテクニック
 第6-5章 1文字メッセージ・ディスプレイの製作

第7部 応用編[4] 実用アイテム
   ヒータ抵抗の温度特性を利用してPICマイコンで制御
 第7-1章 はんだごて温度コントローラの製作

   市販車のスピード信号を利用して距離と車速を表示する
 第7-2章 マルチ・モード・メータの製作



マイコン活用シリーズ 一覧のページへ


●本書付属のCD-ROMについてのご注意
本書付属のCD-ROMの貸与または改変,複写複製(コピー)はできません.詳しくはこちらをご覧ください.

Copyright 1997-2017 CQ Publishing Co.,Ltd.

sales@cqpub.co.jp