Show report


Interfaceロゴ
Interface最新号
組み込み技術の総合展示会

MST2001

Show report目次へ
Interfaceトップページへ

MST2001入場口の写真

MST2001入場口

 「つながる,ひろがる,未来にはばたく組込み技術」を中心テーマにした,ESECと並ぶ展示会「MST2001」が11月20(火)〜22(木)の3日間,東京ビックサイトで開催された.今年で15回目を迎える同展示会は,カンファレンス総数58セッション,出展社数260団体566小間と,過去最大の規模での開催となった.主催は(社)日本システムハウス協会.最終的な延べ来場者数は3日間で14,785人に達した.

●数々の特設パビリオン

インドパビリオンの写真

インドパビリオンの様子
ユニバーシティパビリオンの写真

ユニバーシティパビリオンの様子

 出展内容も組み込み技術の発展にともなって,ハードウェア,ソフトウェアのみならず統合的な開発環境,インテグレーションサービスにまでエリアが広がっていた.また,今回は特設コーナーとして「JETRO(日本貿易振興会)」協賛による「インドパビリオン」や大学研究室の出展コーナー「ユニバーシティパビリオン」など新しい試みもなされていた.基調講演では「世界のなかの日本の技術・世界へ向けての日本の技術」を統一テーマとした3日間連続のリレー講演が行われた.

●ハードウェア系の展示物

アームを使ったロボット制御の実演

アームを使ったロボット制御の実演の様子

 今回の「MST2001」は組み込みシステムのコアとなるプロセッサ系,チップを搭載したボードソリューション,リアルタイムOS,ネットワークソリューション,これらを統合する開発環境,そして最終的な製品,というように非常に広範囲なテーマで展示が行われていた.プロセッサ系では,アームやインテル,日本テキサス・インスツルメンツなどのメーカが,多くのパートナ企業とともに自社プロセッサの強力なソリューションをアピールしていた.中でも,業界で広く使用されている32ビット組み込みRISCプロセッサを出荷しているアームでは,約30社ものパートナ企業と共同で,同社のプロセッサの幅広い用途を紹介していた.アドバネットのブースでは,各種CompactPCIボードの展示を行っており,新製品であるLow Power PentiumV 700MHzを搭載した「A6pci8003」や,PowerPC405GP 200MHzを搭載した「A6pci7503」が人気商品とのことであった.三菱電機では同社のマイコンチップを組み込んだオークス電子のワンボードマイコン「OAKS16-BoardKit」をベースとしたライントレースロボットの実演展示を行い,来場者の注目を集めていた.こうしたワンボードマイコンは,購入してすぐに利用できることから,試作機などには最適であるという.

オークス電子によるロボットの実演の写真

オークス電子によるロボットの実演

●注目を集めていたOSと開発環境

盛況だったマイクロウェアの写真

盛況だったマイクロウェア

 組み込み系のOS分野では,この分野では20年の実績を持つマイクロウェア・システムズ,最新の組み込みOSであるWindows XP Embeddedをリリースしたマイクロソフト,およびLinux関連製品を販売している各社を中心に活気のあるデモを行っていた.特にマイクロウェア・システムズのブースでは,LANアクセスをサポートしたBluetooth SDKが今回の目玉のひとつであり,来場者はデモを交えた説明に熱心に耳を傾けていた.

 マイクロソフトでは,最新の組み込みOS「Windows XP Embedded」のデモおよびパートナー企業各社による「Windows CE」「Windows NT Embedded」を利用した製品の展示で,活況を呈していた.

メトロワークスのCodeWarrior for Embedded Systemの写真

メトロワークスのCodeWarrior for Embedded System

 開発環境での注目株は,メトロワークス.マルチプラットフォーム,マルチ言語対応の統合開発環境である「CodeWarrior for Embedded System」の展示で,健在ぶりを示していた.また,イーエルティがリリースするモンタビスタ・ソフトウェアの組み込み用Linux「Hard Hat Linux」をサポートする統合開発環境「CodeWarrior for Embedded Linux」も,今後の組み込みLinuxの普及を予感させる製品である.この他,アクセスの「NetFront」や「AVE-Blue」,グレープシステムの「code|lab」なども来場者の注目度の高いブースであった.

code|labを展示していたグレープシステムの写真

code|labを展示していたグレープシステム

Copyright 2001-2002 Kitamura Toshiyuki

Show report目次へ
Interfaceトップページへ

Copyright 1997-2019 CQ Publishing Co.,Ltd.

New

Engineering Life in Silicon Valley 第79回 フリー・エンジニアという仕事(第一部)
移り気な情報工学 第36回 時代間通信アーキテクチャ
フリーソフトウェア徹底活用講座 第14回 GCC2.95から追加変更のあったオプションの補足と検証(その3)

Back Number

フリーソフトウェア徹底活用講座
第13回 続々・GCC2.95から追加変更のあったオプションの補足と検証
第12回 続・GCC2.95から追加変更のあったオプションの補足と検証
第11回 GCC2.95から追加変更のあったオプションの補足と検証
第10回 続・C99規格についての説明と検証
第9回 C99規格についての説明と検証
第8回 C言語におけるGCCの拡張機能(3)
第7回 C言語におけるGCCの拡張機能(2)
第6回 GCCのインストールとC言語におけるGCCの拡張機能
第5回 続・C言語をコンパイルする際に指定するオプション
第4回 C言語をコンパイルする際に指定するオプション
第3回 GCCのC言語最適化以外のオプション
第2回 GCCの最適化オプション ――Cとアセンブラの比較
第1回 GCCの最適化オプション

移り気な情報工学
第36回 ITもの作りの原点
第35回 ビットの化石
第34回 ユビキタスなエネルギー
第33回 ロゼッタストーンとWWW
第32回 情報家電のリテラシー
第31回 草の根グリッドの心理学
第30回 自分自身を語るオブジェクト指向「物」
第29回 電子キットから始まるエレクトロニクス
第28回 映画に見る,できそうでできないIT
第27回 ITも歴史を学ぶ時代
第26回 1テラバイトで作る完全なる記憶
第25回 日本はそんなにIT環境の悪い国なのか
第24回 10年後にも生きている技術の法則
第23回 ITなギズモ
第22回 ブロードバンドネットワークに関する三つの質問

Engineering Life in Silicon Valley
第78回 インドに流れ出るシリコンバレーエンジニアの仕事
第77回 エンジニア達の健康管理・健康への努力(第二部)
第76回 エンジニア達の健康管理・なぜエンジニア達は太る?(第一部)
第75回 ユーザーインターフェースのスペシャリスト(第二部)
第74回 ユーザーインターフェースのスペシャリスト(第一部)
第73回 放浪の旅を経てエンジニアに……
第72回 凄腕女性エンジニアリングマネージャ(第二部)
第71回 凄腕女性エンジニアリングマネージャ(第一部)
第70回 ビジネススキルを修行しながらエンジニアを続ける
第69回 専門分野の第一線で活躍するエンジニア
第68回 シリコンバレーに夫婦で出向(第二部)
第67回 シリコンバレーに夫婦で出向(第一部)
第66回 目に見えないシリコンバレーの成功要因
第65回 起業・独立のステップ
第64回 インターネットバブルの前と後の比較
第63回 日本でシリコンバレースタートアップを体験する(第四部)
第62回 日本でシリコンバレースタートアップを体験する(第三部)
第61回 日本でシリコンバレースタートアップを体験する(第二部)
第60回 日本でシリコンバレースタートアップを体験する(第一部)

フジワラヒロタツの現場検証
第72回 現場検証,最後の挨拶
第71回 マイブーム
第70回 OSぼやき放談
第69回 技術者生存戦略
第68回 読書案内(2)
第67回 周期
第66回 歳を重ねるということ
第65回 雑誌いろいろ
第64回 となりの芝生は
第63回 夏休み
第62回 雑用三昧
第61回 ドリームウェア
第60回 再び人月の神話
第59回 300回目の昔語り
第58回 温泉紀行
第57回 人材ジャンク
第56回 知らない強さ
第55回 プレゼン現場にて