第30回
自分自身を語るオブジェクト指向「物」

 最近のソフトウェア開発のスタイルといえば,オブジェクト指向である.オブジェクト指向の優れたところはたくさんあるのだが,基本となるのは「オブジェクト」という単位であり,そしてそれが何であるかを自らが知っている,知ることができるということではないかと思う.

 元祖オブジェクト指向言語であるSmalltalkは,言語仕様がオブジェクト指向的であるということがもちろん重要な要素なのだが,開発環境として個々のオブジェクトの機能や定義を簡単に参照できる仕掛けが含まれていることにも大きな意味がある.今では,ほとんどの人がインターネット用語だと思っているブラウザ(Browser)も,もともとはSmalltalkのオブジェクト閲覧ソフトウェアの名称だったのである.

 そこで今回は,ソフトウェア設計にこれだけ大きな影響を与えたオブジェクト指向を,もっと他の分野にも適用できるのではないかと考えてみた.もっとも,それは自然な考え方ではあるが.

自分を語る「物」

 最近になって製造責任者や産地証明といった「物」に対する説明責任が高度に求められるようになっている.すなわち,工業製品や農作物について,それがどのようにして作られたものなのかを消費者が知る権利が確立しつつある.今のところ,消費者側の欲求は生産者や流通業者に対して嘘をつくなという精神論的な要求なのだが,いずれ技術的な証明が求められるようになるであろう.

 こんな話もある.携帯電話を買うとマニュアルが何冊もついてくる.携帯電話の本体は100gもないのに,その数倍もある分厚いマニュアルが何冊も付いてくる.ほとんど読まれないと思うが,それが必要になったときにはどこかに片付けられているか,捨てられてしまって見当たらないということが多い.

 最近のIT家電製品は,どれも似たような状況になっている.かつて,OAブームで盛り上がったとき,オフィスから紙が消えるとまことしやかにいわれたが,実際には紙の消費量が爆発的に増加したという経験がある.形は違っても,今また同じことを繰り返しているように見えるのは筆者だけではないと思う.

 また,ITを生業とする人にとっても,ハードウェアとデバイスドライバの分離というやっかいな問題がある.ハードがあってもデバイスドライバがなければ使えないのに,OSはアップデートされてもデバイスドライバはないということが多い.プラグ&プレイは製品の情報まで語ってくれるのだが,デバイスドライバへのアクセスパスまでは語ってくれないからはがゆい.こういう問題は,「物」が自分をしっかりと語るしくみをもってくれれば解決する.

バーコードから始まる「物」のオブジェクト指向化

 工業製品のほとんどにバーコードが印刷されるようになって久しいが,バーコードも拡大解釈すると「物」のオブジェクト指向化ツールと考えることができる.製品がインスタンスであり,それを生み出す製造ラインや規格がクラスとなる.バーコードは製造工場と製品規格へのポインタであり,それが数値としてバーコードにコーディングされていると考えることができる.今のところ,それを見るためのブラウザが消費者に提供されていないので,オブジェクト指向のメリットが見えないのである.

 また,バーコードもどんどん進化している.2次元バーコード(QRコード)による大容量化や,JRのSuicaに採用されているRFID(無線タグ)による非接触化などがすでに実用化されている.印刷型はリードオンリーだが,RAMを内蔵した書き換え可能なタグも低価格化している.そして,その先にあるのが,スマートダストと呼ばれる超小型無線LSIタグであろう.スマートダストというコンセプトは,それこそ印刷インキに混入できるレベルまで微小化した書き換え可能なタグである.

「物」が自分を語るしくみ

 バーコードが製造規格へのポインタであると考えると,ポインタの先を見えるようにするのが「物」のオブジェクト指向化の第一歩である.ネットワークが遍在化した今なら,クラス情報をネットワーク経由でアクセスするのがいちばん簡単である.幸い,日本は世界に誇れる移動体通信インフラをもっている.農作物は工業製品ではないが,生産者情報や生育過程がクラス情報となる.これは,書き換え可能タグとネットワークを経由した情報提供が実現できることになる.

 さらに,タグの大容量化と標準化という作戦もある.CD-ROM並みの情報が入るタグができるなら,クラス情報をすべて入れてしまうことができる.すなわち,仕様やマニュアル,基本ドライバなどはタグにすべて刷り込まれているという状況である.

 そこで問題になるのが,ドキュメント構造とブラウザの標準化である.これが実現できれば,一家に一台のマニュアルリーダがあればどんな「物」であっても,そのマニュアルが読めるようになる.そうなれば,今度こそ紙とプラスチックの消費量が減少するのは間違いないのではないだろうか.

*     *     *

 「ユビキタス」が流行語になっているが,思想のレベルで何が変わるのかという説明が明確ではないように見える.ちょっと便利になるという程度の説明では,インターネット冷蔵庫は売れない.すべての製品がオブジェクト指向でいう「物」になるというのが,ユビキタス社会の実現イメージかもしれない.


やまもと・つよし

北海道大学大学院工学研究科電子情報工学専攻

計算機情報通信工学講座 超集積計算システム工学分野


「移り気な情報工学」のトップへ戻る

Interfaceのホームページへ戻る

コラム目次
New

移り気な情報工学 第62回 地震をきっかけにリアルタイム・システム再考

Back Number

移り気な情報工学
第62回  地震をきっかけにリアルタイム・システム再考
第61回  海を渡って卵を産む北京の「海亀族」
第60回  超遠距離通信とソフトウェア無線
第59回  IT先進国フィンランドの計画性
第58回  物理的に正しいITの環境対応
第57回  年金,e-チケットに見るディジタル時代の情報原本
第56回  「着るコンピュータ」から「進化した布地」へ
第55回  技術を楽しむネットの文化
第54回  情報爆発2.0
第53回  プログラミングの現場感覚
第52回  GPS+LBS(Location Based Service)がおもしろい
第51回  技術の格差社会
第50回  フィンランドに見る,高齢化社会を支える技術
第49回  たかが技術倫理,されど技術倫理
第48回  若者の理科離れ,2007年問題から「浮遊」せよ
第47回  機械のためのWWW――Google Maps APIから考える
第46回 網羅と完備で考えるユビキタスの視点 ―― u-Japan構想
第45回 青年よ,ITを志してくれ
第44回 Looking Glassに見るデスクトップの次世代化
第43回 CMSはブログに終わらない
第42回 二つの2010年問題
第41回 持続型技術――サスティナブル・テクノロジ
第40回 ICカード付き携帯電話が作る新しい文化
第39回 ユーザビリティの視点
第38回 性善説と性悪説で考えるRFID
第37回 時代間通信アーキテクチャ
第36回 ITもの作りの原点
第35回 ビットの化石
第34回 ユビキタスなエネルギー
第33回 ロゼッタストーンとWWW
第32回 情報家電のリテラシー
第31回 草の根グリッドの心理学
第30回 自分自身を語るオブジェクト指向「物」
第29回 電子キットから始まるエレクトロニクス
第28回 映画に見る,できそうでできないIT
第27回 ITも歴史を学ぶ時代
第26回 1テラバイトで作る完全なる記憶
第25回 日本はそんなにIT環境の悪い国なのか
第24回 10年後にも生きている技術の法則
第23回 ITなギズモ
第22回 ブロードバンドネットワークに関する三つの質問

Engineering Life in Silicon Valley
第93回 「だれでも参加できるシリコン・バレー」はどうなる
第92回 チャレンジするためにシリコン・バレーへ 対談編
第91回 テクノロジと教育学の融合
第90回 日本でシリコン・バレーを伝える活動
第89回 営業からベンチャ企業設立までの道のり(第二部)
第88回 営業からベンチャ企業設立までの道のり(第一部)
第87回 エンジニアを相手にビジネスを展開するプロ第三部
第86回 エンジニアを相手にビジネスを展開するプロ第二部
第85回 エンジニアを相手にビジネスを展開するプロ第一部
第84回 出会いには不向きのシリコンバレー
第83回 めざせIPO!
第82回 シリコンバレーでの人脈作り
第81回 フリー・エンジニアという仕事(第三部)
第80回 フリー・エンジニアという仕事(第二部)
第79回 フリー・エンジニアという仕事(第一部)
第78回 インドに流れ出るシリコンバレーエンジニアの仕事
第77回 エンジニア達の健康管理・健康への努力(第二部)
第76回 エンジニア達の健康管理・なぜエンジニア達は太る?(第一部)
第75回 ユーザーインターフェースのスペシャリスト(第二部)
第74回 ユーザーインターフェースのスペシャリスト(第一部)
第73回 放浪の旅を経てエンジニアに……
第72回 凄腕女性エンジニアリングマネージャ(第二部)
第71回 凄腕女性エンジニアリングマネージャ(第一部)
第70回 ビジネススキルを修行しながらエンジニアを続ける
第69回 専門分野の第一線で活躍するエンジニア
第68回 シリコンバレーに夫婦で出向(第二部)
第67回 シリコンバレーに夫婦で出向(第一部)
第66回 目に見えないシリコンバレーの成功要因
第65回 起業・独立のステップ
第64回 インターネットバブルの前と後の比較
第63回 日本でシリコンバレースタートアップを体験する(第四部)
第62回 日本でシリコンバレースタートアップを体験する(第三部)
第61回 日本でシリコンバレースタートアップを体験する(第二部)
第60回 日本でシリコンバレースタートアップを体験する(第一部)

電脳事情にし・ひがし
第14回 韓国インターネット社会の光と陰

第13回 ドイツのソフトウェア産業とヨーロッパ気質〜優秀なソフトウェア技術者は現代のマイスター
第12回 開発現場から見た,最新ロシアВоронежのソフトウェア開発事情
第11回 新しい組み込みチップはCaliforniaから ―― SuperHやPowerPCは駆逐されるか ――
第10回  昔懐かしい秋葉原の雰囲気 ── 取り壊し予定の台北の電脳街 ──
第9回 あえて台湾で製造するPCサーバ――新漢電脳製青龍刀の切れ味
第8回 日本がだめなら国外があるか――台湾で中小企業を経営する人
第7回 ベトナムとタイのコンピュータ事情
第6回 ヨーロッパ/ポルトガルのエンジニア事情〜インターネット通信〜
第5回 ヨーロッパ/ポルトガルのエンジニア事情〜ポルトガルのプチ秋葉原でハードウェア作り〜
第4回 ヨーロッパ/ポルトガルでのエンジニア事情〜市場と就職編〜
第3回 タイ王国でハードウェア設計・開発会社を立ち上げる
第2回 国内外に見る研究学園都市とハイテク産業の集中化…中国編(下)
第1回 国内外に見る研究学園都市とハイテク産業の集中化…中国編(上)

フリーソフトウェア徹底活用講座
第24回 Intel386およびAMD x86-64オプション
第23回 これまでの補足とIntel386およびAMD x86-64オプション
第22回 静的単一代入形式による最適化
第21回 GCC2.95から追加変更のあったオプションの補足と検証(その9)
第20回 GCC2.95から追加変更のあったオプションの補足と検証(その8)
第19回 GCC2.95から追加変更のあったオプションの補足と検証(その7)
第18回 GCC2.95から追加変更のあったオプションの補足と検証(その6)
第17回 GCC2.95から追加変更のあったオプションの補足と検証(その5)
第16回 GCC2.95から追加変更のあったオプションの補足と検証(その4)
第15回 GCCにおけるマルチスレッドへの対応
第14回 GCC2.95から追加変更のあったオプションの補足と検証(その3)
第13回 続々・GCC2.95から追加変更のあったオプションの補足と検証
第12回 続・GCC2.95から追加変更のあったオプションの補足と検証
第11回 GCC2.95から追加変更のあったオプションの補足と検証
第10回 続・C99規格についての説明と検証
第9回 C99規格についての説明と検証
第8回 C言語におけるGCCの拡張機能(3)
第7回 C言語におけるGCCの拡張機能(2)
第6回 GCCのインストールとC言語におけるGCCの拡張機能
第5回 続・C言語をコンパイルする際に指定するオプション
第4回 C言語をコンパイルする際に指定するオプション
第3回 GCCのC言語最適化以外のオプション
第2回 GCCの最適化オプション ――Cとアセンブラの比較
第1回 GCCの最適化オプション

フジワラヒロタツの現場検証
第72回 現場検証,最後の挨拶
第71回 マイブーム
第70回 OSぼやき放談
第69回 技術者生存戦略
第68回 読書案内(2)
第67回 周期
第66回 歳を重ねるということ
第65回 雑誌いろいろ
第64回 となりの芝生は
第63回 夏休み
第62回 雑用三昧
第61回 ドリームウェア
第60回 再び人月の神話
第59回 300回目の昔語り
第58回 温泉紀行
第57回 人材ジャンク
第56回 知らない強さ
第55回 プレゼン現場にて


Copyright 1997-2005 CQ Publishing Co.,Ltd.


Copyright 1997-2017 CQ Publishing Co.,Ltd.